更新情報

ファスティングとは|3日で3kg痩せた時の話

ファスティングとは絶食の事です
ダイエットに関心がある方なら一度は耳にした事があるのではないでしょうか。

ファスティングにはどんな効果があるのか
具体的なファスティングの方法
ファスティングをするにあたっての注意事項

を紹介していこうと思います。

私は・・

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

最近不摂生してるなー
体重がじわじわ増えてきた・・
最近食べすぎ!

そんな時にファスティングを行っています。




ファスティングの効果

効果

消化・吸収力UP
胃腸を休ませることによって本来の働きを取り戻す。

便秘改善。美肌、むくみや冷え性改善
腸の中の老廃物や毒素などが無くなり、血行が良くなる。

免疫力UP、脂肪燃焼、美肌
空腹時に、若返り遺伝子と呼ばれるサーチュイン遺伝子が働く。

食事習慣の改善
味覚や体内の感覚が敏感になり、少量でも満腹感を得られたり薄味の食事でも満足できるようになる。

一定期間固形物を摂取せず、消化器官を休ませます。
体のメンテナンスですね。
体に蓄積されてる毒素(食品添加物や農薬など体に悪いもの)を出す。
デトックス!
効果は個人差があります。


とにかく短期間で手っ取り早く痩せます。
食べ物の誘惑に負けずに頑張れば確実に痩せます。
体重の減り方は個人差があります。


ダイエットに関係なく、健康のために定期的にファスティングをしている人も多いです。

こんな人にオススメ
  • 短期間で痩せたい
  • 便秘
  • 肌荒れが気になる
  • 不健康な生活をしている




3日ファスティングの方法

期間を決めて予定を組む
準備食3日間
ファスティング3日間

回復食3日間
少しずつ普段の食事に戻していく

期間を決める

1日だけのファスティングでダイエット効果は期待できません。
内臓を休めるだけです。
気軽に行えて体にも良いですが、ダイエット目的だったら3日間以上が良いと言われています。

今回紹介するのは3日間ファスティングです。
3日以上のファスティングは、専門家の指導の下で行う事をオススメします。

準備食・回復食の日数
ファスティングが1日なら、前後に1日ずつ
ファスティングが3日なら、前後に3日ずつ



準備食を食べて過ごす

準備食の期間は下記ような体にやさしい食事で過ごします。

回復食ほど気を付けなくても大丈夫ですが、しっかり準備食を食べた方がファスティングの効果が出やすく、体調も崩しにくいです。

まごわやさしい

【ま】大豆、あずきなどの豆類、納豆、豆腐、油揚げ、味噌などの大豆加工品。
【ご】ごまの他、アーモンド、ピーナッツ、くるみ、ぎんなんなど。
【わ】わかめの他、ひじき、のり、昆布、もずくなどの海藻類。
【や】野菜
【さ】
【し】しいたけの他、しめじ、まいたけ、エリンギ、マッシュルームなどきのこ類。
【い】じゃがいも、さつまいも、里芋、こんにゃくなど

イメージ的にはこんなメニュー

ゆっくりよく噛んで満腹にならない程度に食べましょう。
夕食はできるだけ早い時間に食べると良いです。

摂取してはいけない物
  • お酒
  • タバコ
  • カフェイン


飲み会や食事会など、お付き合いがある日と重ならないように日程を組みましょう。
(これが結構難しい)

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

できれば添加物や動物性食品、お菓子も控えましょう。
外食は塩分が多いのでオススメしません。
(私がファスティングをする時は、宅配弁当「NOSH – ナッシュ」 を利用しています。低糖質・低塩分・高たんぱくなので準備食に最適です。)



ファスティング開始

ファスティング中に飲む物の例
  • 酵素ドリンク
  • ヨーグルト
  • 豆乳
  • 野菜ジュース
  • 野菜スープ
  • スムージー
  • プロテイン
  • 具無し味噌汁

選んだ飲み物と、水1日2Lを目標に断食です。
梅干しと具無しみそ汁(無添加の物)は、塩分補給の為食べても大丈夫です。

私は、いつも酵素ドリンクを使用しています。
しっかり飲めば空腹感はあまり感じませんが、空腹感とは別に食事をしたい欲はすごくあります・・(初めての感覚。)
なのでグルメ系の漫画やYouTubeを見て気を紛らわしてました。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

家族が目の前で美味しそうなものを食べていても、笑顔で耐えましょう。
(これが一番難しい!)



オススメの酵素ドリンク

私がファスティング中に飲んでいた酵素ドリンクは、優光泉(ゆうこうせん) です。

選んだ理由
  • 完全無添加(国内野菜60種)
  • 原液100%
  • 砂糖・香料・保存料・着色料・添加物不使用
  • 美味しくなかったら返金保証

値段が安い酵素ドリンクで、この条件がそろっている商品は無いと思います。
消化器官を休めてる時に添加物を食べると体に良くないんですが、添加物が入っている酵素ドリンクって結構多いです。

あと、とにかく美味しかった。
味が好みではない酵素ドリンクを飲み続けるのは本当に苦痛なので、返品保証はすごく大事です。

酵素ドリンク 優光泉【公式】



回復食を食べて過ごす

身体が飢餓状態になっているので全力で脂肪を溜め込もうとしています。
いきなりいつもの食事に戻したら余裕でリバウンドします。

私の回復食メニュー

1日目

 

酵素ドリンク
酵素ドリンク
酵素ドリンク+重湯+具無しみそ汁
2日目

 

酵素ドリンク+お粥+具無しみそ汁
酵素ドリンク+お粥+具無しみそ汁
酵素ドリンク+お粥+具無しみそ汁
3日目

 

酵素+お粥+味噌汁+納豆+梅干し
酵素+お粥+味噌汁+納豆+梅干し
酵素+お粥+味噌汁+納豆+梅干し
注意
重湯から始め、お粥、具なし味噌汁、豆腐、柔らかく煮た野菜など・・
少しずつ元の食事に戻して下さい。
※お粥は糖質が高いので、リバウンドしやすいという意見もあります。
お粥を食べない場合は、発酵食品、野菜スープ、柔らかく蒸した野菜など消化に良くて栄養がある食材を選びましょう。(私はお粥派。)


※肉、乳製品、砂糖、アルコール、小麦、油は控えましょう

ファスティング後は赤ちゃんの胃になってるので慎重に食べましょう。
離乳食だと思って食べましょう。
できれば無農薬、無添加にするとより安心です。
いきなり普通のご飯を食べたらお腹壊す人が多いと思います。

とにかくゆっくりよく噛んで少しずつ食べましょう。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

便秘の人は、回復食の時に「スッキリ大根(梅流し)」をするのがオススメです。




ファスティング終了

しっかりファスティングをしたら味覚が変わっているはずです。

濃い味付け、添加物、脂っこい物を身体が受け付けないようになっているはず。

「3日間、食べるのを我慢したこの努力を無駄にしたくない!」という気持ちが芽生えているはず。

食の意識が変わって、その後の食生活も変わりリバウンドしにくくなるはず!

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

私はこの気持ちを手に入れるためにファスティングをしてるような感じです。
体も心もリセット。


正直ファスティングして2、3kg痩せたところで、今まで通りの食事に戻したら一瞬で戻ります・・
ダイエットとは長距離走です。
理想の体重を維持できるように日々努力をしましょう。

以上がわたし流ファスティング方法です。

私はこの方法が合っていますが、人によって効果の現れ方が違う場合があります。




注意点


注意点がいろいろあります。
きちんと守らなければ体調を崩してしまうので、しっかり知識を身につけてからファスティングを行いましょう。

注意

女性は生理後が良い
もしファスティング中に生理が来てしまったら様子見して体調が悪くならないようだったら続行して下さい。

ファスティング中は激しい運動を控える
ストレッチやウォーキングなど適度にリフレッシュできる程度の運動なら問題ありません。

長風呂やサウナは控える
のぼせやすいので短い時間半身浴をする程度がおすすめ。



下記の状態や病気にかかっている人はファスティングをしない方が良いです。

日常的に激しい運動をする人
心筋梗塞や脳卒中を起こした人
糖尿病
肺や臓器の機能不全
持病があり、薬を服用している人
風邪を引いていたり病気治療中、体調不良の人
発育段階の中学生以下の人
高齢で基礎体力のない人
痩せた人(BMI値が19以下)
摂食障害で拒食症や過食症の人
妊婦

心配な方は事前に医師に相談してから行うようにしてください。




ファスティング中に出る事がある症状

低血糖

血糖値が下がると冷や汗、動悸、意識障害、けいれん、手足のしびれなどの症状が現れます。

低血糖が起きた場合
ブドウ糖(5~10g)、ブドウ糖を含む清涼飲料水(150~200mL)、砂糖(10~20g)などのいずれかをとり、安静にしましょう。



好転反応

毒素が排出されるために一時的に起こる症状。体質改善のための身体の変化。
多い症状は頭痛、吐き気、めまい、肩こり、腰痛など。
ファスティング中にこのような好転反応は良い症状、デトックスがうまくいっている証拠と言われています。

好転反応が起きた場合
安静にしてしばらく様子見しましょう。
半身浴などで血行を良くすると毒素が早く抜けて良いそうです。
なかなか治らない場合は無理をせず、ファスティングを中止しましょう。




まとめ

ファスティングについて

ファスティングの効果
消化・吸収力UP、便秘改善、美肌、むくみや冷え性改善、免疫力UP、脂肪燃焼、ダイエット、食事習慣の改善など
(ファスティングはダイエットだけではなく健康のためにも良い。)

ファスティングの流れ
①期間を決めて予定を組む
②準備食で過ごす
③ファスティング中に自分で決めた飲み物と水1日2Lで過ごす
④回復食で過ごす
⑤少しずつ普段の食事に戻していく

注意点
準備食・回復食の期間をしっかり設け、注意事項をしっかり把握する。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

ファスティングで一時的に体重が落ちてもそのまま気を抜かずに、準備食のような体にやさしい食事習慣を続けましょう!

酵素ドリンク 優光泉【公式】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。