更新情報

病院に行かず喉の痛みを治す方法|妊娠中や授乳中にも

私はよく喉が痛くなります(´・ω・`)


というか、今痛いですw

(風邪をひくときも、喉が痛くなってから風邪をひくパターンが多い。)



病院に行くにしても
わざわざ病院に行くほどではな無いかなーとか思ったり
行きたくても行く時間がなかったり・・

でも長引くと結構キツい・・(´Д`)



というわけで、家でできることを全力で試してみました。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

あくまでも初期段階の対処方法です!
なかなか治らなかったり、症状がしんどい場合は病院に行きましょう。

妊娠中の場合は・・
  • 睡眠に影響が出る程の咳だったり、数日たっても全然よくならない場合は病院に行って咳止め薬を処方してもらいましょう。
  • お腹の張りを強めたり体調に不安を感じた場合も我慢せずに病院に行きましょう。
  • 病院に行く場合は、まずかかりつけの産科に行きましょう。







喉の痛みの原因

咳こむ

ウイルスや細菌が原因の炎症

普段、空気中にいるウイルスや細菌を吸い込んでも、喉や鼻などの粘膜が吸い込んだ異物を付着させ、繊毛運動によって外に出す「感染防御システム」が備わっています。

乾燥すると粘膜や繊毛の機能「感染防御システム」が低下してしまい、ウイルスが体内に侵入しやすくなります。


また、ウイルスや細菌が体内に侵入されても白血球やリンパ球などの「免疫細胞」がウイルスや細菌と戦って、排除してくれます。

免疫細胞がウイルスや細菌と戦うと炎症が起こり、ウイルスや細菌が排除されると膿(うみ)になります。

加齢、妊娠、冷え、睡眠不足、栄養不足、ストレス、たばこ、暴飲暴食(胃腸への負担)などで「免疫力」が低下します。


MEMO
ウイルスによる感染
抗生物質が無効(例外有り)
大半の風邪、インフルエンザ、ノロウイルスなどを引き起こす「非細胞性生物」

細菌による感染
抗生物質が有効
とびひ、肺炎、結核などを引き起こす「単細胞生物」
https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

風邪をひいて病院に行っても、ほとんどの場合ウイルスが原因なので治療薬は無く、痛みや熱など症状を緩和する薬を貰うだけです。

免疫細胞が一生懸命戦ってる時に、薬で必要以上に炎症を抑えようとすると体を守る働きを弱める場合があります。
なので、できるだけ初期症状のうちに薬に頼らず自力で治すのが良いです(・ω・)

むやみに抗生物質を使用すると、耐性菌(抗生物質が効かない細菌)が増え、治療の選択肢を減らしてしまう可能性があるそうです。



喉への直接的な刺激

声帯の使い過ぎ、カラオケ、たばこやお酒、花粉などの刺激を受けると炎症が起こる。



ストレス

心因性咳嗽(しんいんせいがいそう)

  • 痰(たん)がからまない乾いた咳が慢性的に続く(3カ月以上)
  • 季節に関係なく、日中に咳が出やすく睡眠中には出にくい
  • 何かに集中している時には全く咳が出ない
  • 検査をしても咳がでる身体的な原因がみられない
  • 咳止め薬、炎症を抑える薬、抗生物質などの薬は効果がない
  • 抗不安薬や抗うつ薬および各種の心理療法が効果を発揮する
https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

診断するには
基本的に「除外診断」になるので肺癌や結核、気管支喘息など様々な器質的疾患を除外することが必要になります。
そのためには多くの検査が必要となります。

長期間咳が止まらなければ「呼吸器内科」へ行きましょう。



咳が長引く場合は風邪以外の病気の可能性も

2~3週間たっても咳が治らない場合、重い病気の可能性があります。

咳ぜんそく

どんな病気?
  • 風邪に併発して起こる事が多い。(風邪は治ったのに咳だけ治らない。)
  • 室内外の温度差、たばこ、運動、飲酒、ストレス、ハウスダストが発作の要因になると言われている。
  • アレルギー性の気管支炎。

症状

〔前略〕
発熱や痰(たん)などの症状はほとんど出ません。
夜中から明け方に激しい咳が出たり、寒暖の差や喫煙で咳が出やすくなるのが特徴です。
のどにイガイガ感を伴うこともあり、長話をした際、のどが渇いたり枯れたりもします。
咳の発作が激しい場合は、胸の痛みを感じたり、嘔吐、失神したりすることもあります。
〔後略〕

長引く咳にご注意!咳喘息より引用



気管支ぜんそく

咳ぜんそくを放置すると気管支や肺が固くなり、3人に1人が「気管支ぜんそく」に移行するそうです。
気管支ぜんそくになると完治が難しくなるので早期発見・早期治療をしましょう。

どんな病気?

空気の通り道である気管支が何らかの原因で炎症を起こし過敏になることで腫れたり痰(たん)が出たりして狭くなり、発作的に呼吸が苦しくなると同時に、咳(せき)が続く慢性疾患です。

気管支喘息・咳ぜんそくより引用

症状

普段は何の症状もないのに、何らかのきっかけで、急に「ヒューヒュー」「ゼーゼー」といった喘鳴(ぜいめい)が起こり、呼吸が苦しくなってきます。
呼吸困難がひどくなると、横になることもできず、前かがみに座って呼吸しなければならなくなります。
呼吸困難がしばらく続いたあとは、咳(せき)や痰(たん)が出ます。
咳はいわゆる空咳(からせき)で、咳が呼吸をさらに苦しくさせます。

痰は透明で粘りけが強く、なかなか吐き出しにくいものです。

気管支喘息・咳ぜんそくより引用



アトピー性咳嗽(がいそう)

咳ぜんそくと同じ症状だけど、気管支拡張薬が効かない。
咳ぜんそくとは異なり、ぜんそくには移行しにくいと言われている。

その他

肺がん、肺結核、間質性肺炎、COPD(慢性閉塞性肺疾患) など。


https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

なかなか咳が止まらなければ、「呼吸器内科」に行きましょう。





自力で喉の痛みを治す方法いろいろ

加湿をする

しっかり保湿すると喉の痛みは和らぎます。

理想的な湿度は50%前後です。
ウイルスの多くは40%以下で活発化します。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

ちなみに、空気が乾燥しているとウイルス粒子は軽くなり浮遊してしまうので吸い込みやすくなってしまいます。



加湿方法いろいろ

マスクを付ける

マスクとばい菌

自分が吐いた息がマスクの中にこもることで口周りの湿度が高くなり、鼻や喉の乾燥を防ぐことができる。
また、自分の温まった息を吸う事で、体の冷えを防ぐ効果もある。

※よく市販されている不織布のマスクだとかぶれてしまう人もいるので、寝る時は「綿」や「シルク」製が良いです。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

「就寝マスク」はかなり喉に良いですが・・
・睡眠の質が下がる
・ニキビや肌荒れの原因になる

というデメリットもあります。
自分に合ったマスクを使用しましょう。



https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

しっとりしているのでかなり喉の痛みが和らぐし、ハーブの香りで喉がスーッとして、気分的にも良いです。(薬草がたくさん入ったのど飴みたいな匂い。)
耳が痛くなりにくいワイドゴムです。



https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

耳が痛くならない。
息が苦しくならない。
美容クリームを塗ってから使用すると美肌効果も期待できるそうです。






のど飴を舐める

のど飴

のど飴には3つの区分があります。

①医薬品
成分による効能が認められており、用法・用量を守る必要がある。
ドラッグストアや薬局、最近はネットでも購入できるようになりました。(Amazon医薬品・指定医薬部外品購入ページはこちら)

「第1類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」の3区分があります。

政府広報オンラインより引用



②医薬部外品

医薬品に比べると効き目が穏やか。



③食品

お菓子に近いため、高い効果は期待できないが爽快感を得られたり喉の乾燥を防ぐ事が出来る。



妊娠中の場合

妊娠中の場合、「医薬品」は避けた方がいいです。妊婦にとってよくない成分が入っている場合があります。
「医薬部外品」と「食品」は特に心配ありませんが、不安な場合は医師に相談しましょう。





加湿器を使う

加湿器

加湿器は4タイプあり、それぞれメリットデメリットがあります。
※メーカーによって多少違いがあります。

こちらにまとめました

電気代が全然違う!?加湿器の正しい選び方





体温を上げる

防寒具と体温計

体温を上げると、免疫力が上がります。

風邪のひきはじめはしっかり身体を温めるようにして、いちはやくウイルスを撃退し、ウイルスが体内深くに侵入するのを防ぎましょう。

温かい服装をしたり、体を温める食べ物を食べて体を冷やさないようにする事が大切です。


また、風邪の時でもお風呂に入って良いそうです。
浴室と脱衣所を温かくして湯冷めしないようにし、入浴前と後に水分補給をしましょう。
してはいけない事:小さな子供や高齢者の入浴、38℃以上の高熱時、熱いお湯、長風呂、下痢や嘔吐時)


ちなみによく聞く「葛根湯」体を温める効果がある漢方薬で、風邪のひきはじめに最適です。(発汗、解熱、鎮痛、炎症やアレルギー症状を緩和、肩こり、筋肉痛、じん麻疹などにも効果有)

ただし、妊娠中の場合は市販の物を自己判断で購入するより、産婦人科のかかりつけ医に相談した方が良いそうです。

体温が上がると免疫力が上がる理由

免疫細胞は血液中にいます。
体温が上がると血行も良くなるので、体内に異物を発見した時に素早く攻撃できるようになります。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

ちなみに私が子供の頃、風邪をひいたら母親が首にタオルを巻いてくれました。
当時は意味を知りませんでしたが、どうやら喉を温めると体を温めたり乾燥を防ぐ効果があるみたいです。
大人になった今でも喉が痛い時はタオルを巻いてます。(お守り的なw)





喉の痛みに有効な食べ物とその効果

温かい飲み物

はちみつ

殺菌作用、免疫力アップ、喉の粘膜を乾燥から防ぐ、疲労回復、整腸作用
※加熱するとビタミン類が壊れる。

しょうが

殺菌作用、体を温める、整腸作用、喉の痛みを殺菌
※加熱すると効果が減少するが、体を温める効果は増える。

大根

殺菌作用、咳を抑える、胃腸の働きを助ける
※大根おろしで食べるのが一番良い。

ネギ

殺菌作用、免疫力アップ、体を温める、疲労回復、血液サラサラ、ビタミンB1の吸収を助ける
※水に溶けやすく、熱に弱い。粘液部分(ヌル)は温度変化に強い。

咳を止める、整腸作用、解熱、疲労回復
※皮の方が栄養が多い。加熱をしたら解熱効果は無くなるが、それ以外の効果はあまり変わらない。(少量のビタミン類が壊れる。)

パイナップル

喉の痛みに効く、炎症を抑える、咳を止める、整腸作用
※生で食べるのが一番。(60℃以上で効果がなくなる。濃縮還元ジュースや缶はあまり効果がない。)

カモミール、ユーカリなどハーブティー

喉の痛みに効く、免疫力アップ

その他

きんかん、かりん、ゆず、黒豆、レンコンなど

喉に悪いもの
お酒 体や喉が乾燥して喉が炎症しやすくなる。
炭酸飲料 喉への刺激。
コーヒー カフェインは喉への刺激があり、粘膜を傷つける恐れがある。



喉が痛い時に食べたメニュー

はちみつレモン

はちみつレモン

お水とはちみつ適量(味見しながら自分の好みで)をよく混ぜて、レモン汁を適量入れる。

レモンを皮ごと使うなら、「国産」「防かび剤不使用」が良いです。

大根おろし納豆

大根おろし納豆

大根:殺菌作用、咳を抑える、胃腸の働きを助ける
納豆:整腸作用、疲労回復
かいわれ:殺菌作用、免疫力アップ、睡眠の質を向上



https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

ちなみに食欲がなければ無理に食べる必要はないです。

体調が悪くなると、胃や腸はウイルスと戦うために「免疫細胞」を増やす活動を始めますが、無理に食事をすると消化活動をしないといけなくなるため免疫細胞を増やす活動に支障がでます。

昔は「無理してでも食べなさい」って言われたけど、今の時代はちょっと違うみたいですね。
水分補給はしっかりしましょう。

何か食べる時は、胃に優しく消化に良いものを食べましょう。





うがいをする

うがいの方法

生体防御機能とうがいの効用より引用
https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

最初に「グチュグチュうがい」をしたら吐き出しましょう。
いきなり「ガラガラうがい」をすると、口の中にある食べカスや細菌が喉の奥に運ばれてしまいます。



うがいに使用するもの効果いろいろ

水道水
十分効果があります。

緑茶
カテキンに殺菌作用があるので、患部を消毒して治す効果が期待できる。日ごろの風邪予防にも。(温めたり塩を足しても良い)

紅茶
テアフラビン(ポリフェノール)にインフルエンザの予防効果があるそうです。
また、歯周病原菌に対して生育を抑制する効果がある。

塩水
喉の中で炎症を起こしている組織から、余分な水分を取り出すことで、喉の痛みをやわらげるそうです。
殺菌作用があるので、風邪の予防や口内炎の予防にも効果がある。
また、唾液の分泌を促すので、唾液の少なさで起る口臭にも有効。

ヨード系のうがい薬
成分が強すぎるので、喉に常在する正常細菌叢を壊して風邪ウィルスの侵入を許したり、のどの正常細胞を傷害したりする可能性が考えられます。
予防目的での長期使用は良くないそうです。

妊娠中の場合

「ヨード系」のうがい薬や喉スプレーを使用しないで下さい。





腸内環境を整える

免疫細胞の60~70%は腸にいます。

善玉菌を増やすために、「発酵食品」「オリゴ糖」「乳酸菌」「食物繊維」などを積極的に食べて腸内環境を整えましょう。



スーパーフード!

マヌカハニーについて

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

私知らなかったんですけど、「マヌカハニー」ってはちみつがスゴイらしいw

MEMO
整腸作用があり、乳酸菌、ビフィズス菌といった「善玉菌」は増加し、黄色ブドウ球菌、大腸菌O157、サルモネラ菌といった 「悪玉菌」は減少することが実験で証明されました。

また、抗菌・殺菌力がとても高くて、風邪や胃腸系の諸症状はもちろん、ニキビ予防、花粉症からくる不調、虫歯や口内炎の防止にも効果がある。
数値の見方
  • 【UMF】について
    健康維持なら10+以上、ウイルスや菌対策なら15+以上。

  • 【MGO】について

メチルグリオキサール(殺菌成分)の量
263+以上を選ぶといいそうです。





喉の痛みに効くツボがあるらしい





しっかり睡眠をとる

睡眠不足や生活リズムの乱れは免疫力が低下します。

定番ですが、しっかり寝るのが回復する一番の近道です。

風邪をひいても休めない人は、ダラダラとしんどい状態が長期間続いてしまいがちです。

休んで安静にできる環境ならしっかり休んで治すべきですし、無理なら日ごろから風邪をひかないように予防をしっかりしましょう。

歌手やアナウンサーなど、声を仕事にしている人があまり風邪をひかないのは、日頃からしっかりケアをしているからです。





まとめ

手洗い

喉が痛くなったり風邪をひいたらすぐに薬に頼ろうとせず、まずは初期症状のうちに自力で治すようにして、強い体を作りましょう。
悪化する前に治せるならそっちの方が楽です(・ω・)

また、風邪をひかないために日ごろから予防しましょう。

喉の痛みを治すためにできる事
加湿 (マスク、のど飴、加湿器)
体を温める
喉に良い食べ物
うがいをする
腸内環境を整える
喉の痛みに効くツボ
睡眠


日頃からできる予防
手洗いうがい
湿度に気をつける
マスクをつける
できるだけ人混みを避ける
エアコンの温度調整や内部の清掃
飴やガムを噛む (喉の乾燥を防ぐ)
規則正しい生活 (食事、睡眠、運動)

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

この記事を書くのに2、3日かかりましたが、この記事の内容を実行したら喉の痛みはなくなりました。
自然治癒力って素晴らしいw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。