更新情報

母乳をたくさん出すために私がやった7つの事

おっぱいって勝手に出てくると思ってたけどそうでもないんですよね。
(出過ぎて困る人もいますが・・)

私は出産後の入院中に、産院のスタッフさんに信じられないくらいおっぱいを握りつぶされて悲鳴をあげました・・_(:3 」∠)_
「あっwそんなにいくんやww」って思ったw


産後すぐは、手がぷるぷる震えるくらい頑張って絞ってもペットボトルのキャップ程しか出なかったです(´;ω;`)



無理なら諦めようと思ってたけど、とりあえず母乳+粉ミルクをしばらく続けて試行錯誤でいろいろ頑張った結果・・

無事、強靭なおっぱいを手に入れました!テッテレー

いろいろ一気に試したのでどれが良かったのかはわかりませんが、やったこと全部紹介しますw

効果が出るかどうかは体質によって違ってくると思うので、参考程度にお願いします(・ω・)







たんぽぽ茶

水分補給と体を温める為に、温かいお茶を飲もうと思い購入しました。

薬やサプリメントじゃないのでたんぽぽ茶自体にそこまで期待はしていませんでしたが、たんぽぽ茶には「血行を促進する」効果もあるので毎日しっかり飲めば結構母乳に良いじゃないかなーと思います。

私は好きな味だったので喜んで飲んでいました。(麦茶とコーヒーの中間って感じの素朴な味です。)
口に合うかどうかは飲んでみないとわからないので、下のような返金保証がある商品を試してみるのも有りだとおもいます。


森下薬農園



https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

日本で最初に「たんぽぽコーヒー」を商品化した会社です。
原材料はたんぽぽの根のみを使用。
味の飲みやすさはもちろん、250項目以上の検査実施済みで安全性が高いです。
30日間返金保証。
桶谷式おっぱいガイドブック付き。


ティーライフ



https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

たんぽぽ根、黒豆(大豆イソフラボン、サポニン)、ギンネム(鉄、カルシウム)のブレンドで栄養満点!
無農薬・無添加・防腐剤無使用。
30日間返金保証。(返品時の送料不要)





おっぱいマッサージ

「助産師が教える!おっぱいマッサージ(母乳マッサージ)の仕方」より引用

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

暇さえあれば念入りにもみもみしていました。
あと、100均に売ってるこんなマッサージローラーで、鎖骨と脇周辺をころころしてました。





食生活は少しだけ気を付けた

和食にこだわらずバランスの良い食事を食べるようにしていましたが、そこまで徹底していませんでした。

「脂肪分が多いものや、香辛料やにんにくなど香りがキツいものを食べると母乳が美味しくなくなって赤ちゃんが飲まなくなる」

とよく見ますが、私は気にせず普通に好きな物を食べていた・・/(^o^)\
私がにんにくホイル焼きやケーキ、カレーなど、一般的にダメと言われているものを食べた後でも娘は嬉しそうにおっぱいを飲んでましたw(人によると思います。)


ただ、水分は1日2Lを目標に飲んでました。
私は暇さえあれば温かいたんぽぽ茶をチビチビ飲んでいたので余裕でクリアしていたと思います。
あと、普段控えてた白ごはんはここぞとばかりにモリモリ食べてましたw





体を温める

母乳は血液です。
体が冷えて血行が悪くなると、母乳の出も悪くなります。
とにかく体を外からも中からも温めましょう!

体を温めるために
  • 部屋を暖かくして、薄着をしない。(ただし体をしめつける服を着ない)
  • 足湯で全身を温める。
  • 根菜類を食べる。(じゃがいも・人参・大根・ごぼう・さつまいも・さといも・れんこんなど)
  • 飲み物は常温か温かいものを飲む。
  • できるだけ毎食、味噌汁やスープなど温かい飲み物を飲む。





とにかく吸わせる

「プロラクチン」と「オキシトシン」について

赤ちゃんが乳首を吸うと、その刺激でホルモン(「プロラクチン」「オキシトシン」)が分泌されます。

プロラクチン
乳汁の分泌を促すホルモン。

オキシトシン
母乳を押し出すホルモン。
また、“愛情ホルモン”とも呼ばれていて、ママがリラックスした状態で子供と触れ合ったり抱きしめたりするとより分泌されるそうです。

ストレスを感じるとこれらのホルモン分泌に影響が出て母乳の出が悪くなるので、ストレスを溜め込まず穏やかな気持で子供とスキンシップをすると良いです(´ω`*)

ママが楽な姿勢で授乳する事も大事ですね。

ちなみにスマホやテレビを見ずに、赤ちゃんの姿を見ながら授乳するとさらに良いみたいですよ。



搾乳して母乳量を増やす

娘が欲しがる都度おっぱいをあげてましたが、赤ちゃんっておっぱいを吸うのがまだ下手なのでしっかり吸い尽くす事ができません。


少しの量しか吸われないと・・

おっぱい「何やこんなもんでええんか。作り過ぎてもあかんしこれ以上作らんとこ。」
となり、いつまでたっても母乳量は増えません(´・ω・`)


なので赤ちゃんが吸い残した母乳も搾り取るのです!
そうすると・・

おっぱい「生産量が足りねえ!!もっと母乳を作らねぇと!!」
となり、よりたくさん生産されます(`・ω・´)


ちなみに手絞りでも搾乳できますが、かなりシンドイのでオススメしませんw
腱鞘炎になるよ!



長時間吸わせるのはNG

私はとにかく吸わせまくってました。
娘がずーーーっと吸い続けた結果・・

乳首負傷_(:3 」∠)_


めっちゃ痛いからこれ!!
風が当たっただけでも痛いからw

なので右と左、それぞれ10分ずつと決め、時間を計って授乳するようにしました。(授乳タイマーアプリを使った。)

乳首が負傷した場合は専用のクリームを塗ってケアしてください。
(私はクリームを塗った後、上からラップでパックをしてました。保湿効果があり服に擦れなくなるので痛みも和らぎますが、長時間付けっぱなしだとかぶれるので注意。)

治った頃には、より強靭な乳首が完成します・・(*´Д`)
私は最終的に、3時間吸われ続けても全然痛くない超乳首になったw

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

吸わせ方も大事!
乳輪ごと深くくわえさせる&おっぱいを離す時は無理やり引っ張らず、乳輪部を軽く押して口から離すようにするとGood!





完母になるまで「母乳相談室」を使った

母乳の量が安定するまでしばらくの間、母乳と粉ミルクで過ごす事になりますが、普通の哺乳瓶って柔らかくてすごく飲みやすいんですよ。
それに慣れてしまうと、硬くて飲みにくい乳首を嫌がっちゃうらしいです。(=乳頭混乱)

母乳相談室は、そんな事態にならないために実際のおっぱいに近い「程よい硬さ」「穴が小さくてたくさん出ない」ようになっているので、将来完母を目指す人にはすごく適しています。

母乳が安定するまで赤ちゃんにはおっぱいを吸うトレーニングをしてもらいましょう(`・ω・´)

ボトルは太くて短いので、粉ミルクを入れやすいし洗うのも楽です。





産後も葉酸サプリを飲んでいた

定期購入していた物が残ってたので、産後も飲んでました。
葉酸は妊娠前や妊娠中に飲むものだと思われがちですが、産後もかなり効果があります。

葉酸の効果
  • 母乳の材料(血液)を作るのを助ける効果がある。
  • 葉酸によって血行が良くなり、多くの良質な母乳が作られる。
  • 細胞分裂をサポートする働きがあるので、産後の子宮の回復力の向上効果がある。
  • 出産で受けた母体のダメージを回復し、ホルモンバランスを整える効果がある。(ホルモンバランスが崩れると「抜け毛」「むくみ」「産後うつ」の原因になる。)


おっぱいばっかり飲んで食事を食べない子にも、母乳を通して栄養補給できるのでサプリは積極的に飲んだ方がよさそうですね。


ただし、たくさん摂れば良いわけではないので注意してください。

●1日の葉酸摂取の推奨量 ※『日本人の食事摂取基準(2015年版)』(厚生労働省)より
・妊娠前・・・240μg
・妊娠中・・・480μg(妊娠前+240μg)
・授乳期・・・340μg(妊娠前+100μg

「妊娠から授乳期まで。「葉酸」は積極的にとりたい栄養素」より引用



VEGESTORY



https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

小さくて香りがキツくなくて飲みやすい。
血液(母乳)を作るのに必要な鉄と、良質な母乳を作るために大切なカルシウムもプラス!
放射性物質の新基準値をクリア。
1日あたり約60円。


総健美舎



https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

葉酸の他に
「14のビタミン・ミネラル」、脳の発育に関わる「DHA・EPA」、お腹の詰まりをケアする「乳酸菌」、母乳の質を高める「洋西タンポポ」、母乳量を増やす「ラズベリーリーフ」などなど、母乳に良いとされる成分がてんこ盛りです!
無添加・放射線検査クリア・GMP取得工場で製造。
30日間返金保証付き。





まとめ

こつこつと頑張り続けたら・・

あの「ツーン」が来て、母乳がボタボタボターーって出てくるようになりましたヾ(≧▽≦)ノ
反対の乳首も大洪水w

同じ角度ばかりで吸わせると乳管が詰まって痛くなるので注意しましょう。

娘は、後半になると自分で動いて左右均等に吸ってくれるようになり、さらにいろんな角度から吸いつつ片方のおっぱいをもみほぐしてくれるようになりました。
もはや職人。



この記事を書いてると、母乳を出そうと一生懸命になってたあの頃を思い出して、ちょっと胸が熱くなりました・・(´;ω;`)

後半は私も娘も授乳のベテランになりすぎて、初心の心を完全に忘れていました・・(二人ともスマホ見ながら授乳してたw)
ちなみにおっぱいは卒業済みです。


これから完母を目指す人は、出産で体はボロボロ、睡眠不足でふらふらなのに今度は母乳問題と、休憩なしで本当に大変です・・_(:3 」∠)_

イライラせず、焦らず自分のペースでコツコツ頑張りましょう。

ちなみに、寝付かせや泣き止ませる時におっぱいをフル活用しすぎると、おっぱいが無い旦那にお願いする事が出来なくなるのであまりオススメしません/(^o^)\

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。