更新情報

育児に適した家とは?|間取・家具・家電をちゃんと考えて選べばストレス軽減!

子供がある程度大きくなるまでは家賃が安い家に住んで節約しようと思い、今の家を適当に選んだんですが・・

過去の自分をしばきたい/(^o^)\



子供が生まれてからしばらくの間、ママは家に引きこもって1日中子供の世話をする場合が多いと思います。

毎日家で子供と過ごす事になるので、どんな家に住むかによって育児の大変さがかなり変わります。

(娘は今2歳なので、これから成長すればまた違う意見も出てくると思いますが・・。)


というわけで、これから育児と引っ越しを考えている人に少しでも参考になれば幸いです(´・ω・`)







防音性が高い家が良い

赤ちゃんとジョイントマット

家によって音の響き方が全然違います。

今住んでいる家は5階で、普通に歩く足音でもドスドスッと音が響きます。(築30年の鉄筋コンクリート)

2歳になる娘は何故か普通に歩くだけでもドスドスうるさいのに、さらにテンションが上がるとピョンピョン飛び跳ねます。
その都度怒ってますが、一時的にやめるだけでしばらくするとまた飛び跳ねます(´・ω・`)
防音ジョイントマットを敷いてみたけどあまり効果がなく・・(猫に爪とぎされてボロボロになりましたw)

ご近所さんにも悪いし、楽しそうにはしゃいでる子供を1日に何回も怒るのは可哀想だし、怒るのもしんどい・・(´・ω・`)

ちなみに我が家は一度下の住人から苦情が来ているので、また来るんじゃないかと毎日胃が痛いです。

一戸建てか1階に住めば子供の騒音を気にせずに過ごせます。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

自分の子供が騒音を出してご近所さんに迷惑をかけるのがストレスですが、逆に、周りの騒音がうるさくてせっかく寝付いた子供が起きてしまい育児に支障が出るというパターンもあります。

防音性の高い建物を選ぶ事はとても大事_(:3 」∠)_

MEMO
建物は
「木造」
「鉄骨」
「鉄筋コンクリート(RC造・SRC造)」
の3種類に分けられます。

一般的に鉄筋コンクリートが一番防音性が高く、木造が一番低いと言われていますが、建物によって違いがあります。
築年数や間取りもかなり影響します。

家を内見する時にチェックする
  • 強めに足踏みをしてどれくらい音が響くか確認する。
  • 部屋の壁をノックして壁の厚さや響き方を確認する。
  • 壁に耳を当てて生活音が聞こえてこないか確認する。(休日の昼間だと隣の住人がいる確率が高い。)
  • 窓を閉めて音の状況確認した後、今度は窓を開けて音の違いを確認する。(窓の防音性の確認。)





エレベーターがある方が良い

エレベーター

5階までの建物はエレベーターが無い場合があります。
家賃が安いのは魅力的ですが、子供を抱っこしながらの階段は危ない&体力的にキツイと思います。


自分一人だと3階程度なら余裕ですが、子供連れだと、子供+ベビーカー+買い物した荷物+ベビーグッズが入ったリュックを背負って階段を上るのは、想像しているよりハードです_(:3 」∠)_

子供が寝たらさらに大惨事w

宅配や通販を活用してできるだけ重いものは買わないようにすれば少しは負担が減ると思いますがそれでもかなり大変です。

よっぽどのことがない限り止めた方が良いです。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

エレベーターがあるマンションは、朝なかなかこなくてイラッとするという意見もあります。_(:3 」∠)_
1階最強説!





玄関は広い方が良い

広い玄関

玄関は、お出かけ時に使う子供用品を収納するのに一番適した場所です。

ベビーカーの置き場所は玄関が一番良いです。

さらにボールなどの子供の外遊びのおもちゃや三輪車も玄関に置けるなら一番良いです。

しかし我が家は玄関が狭すぎて置く場所がない・・
最初ベビーカーはベランダに置いてましたが、毎回ベランダまで取りに行って玄関まで出すのがめんどくさすぎる!
雨や砂よけのビニール袋を毎回被せるのもめんどくさい!!
ベランダ狭いのに洗濯物干すとき邪魔すぎぃいいww

なので無理やり玄関の隙間に突っ込んでる状態です。(コートハンガーにぶら下げてるので落ちてきたら危ない。)

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

あと、靴を履くスペースもある程度広さがある方が良いです。
子供の靴を履かせてあげる時、靴を履くスペース(奥行き)が狭いと玄関のドアが背中にぶつかってイラッとします(;^ω^)





続き間の1LDKは子育てに向いていない

親子3人で子供が小さければ広さ的にはそこまで問題ないかもしれませんが・・

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

あと・・もう一部屋欲しかった・・!!(震え声)

我が家は↓のような間取りで、部屋とリビングの仕切りが襖引き戸なのでほぼワンルームです。
(一応子供OKの物件です。)

廊下を挟んだ独立型の1LDKだとまだマシだと思います。

「https://www.style–plus.jp/contents/?p=4588」より引用
独立した部屋がもう一つあると・・
  • 子供に触ってほしくない物や家具を置いて部屋自体を立ち入り禁止にできる。
  • 子供用品が増えても置き場所を確保できる。
  • 風邪など病気になった人を隔離できる。
  • ちょっと疲れた時に旦那に見てもらって短時間でも一人になれる。
  • 旦那の帰りが遅くても、物音で起きる確率が減る。
  • 部屋干しができる。
  • 夫婦喧嘩した時の逃げ場ができる。
  • 夜泣きで目が覚める旦那さんだと1LDKは無理だと思います。(ウチの旦那は全然起きなかったw)





カウンターキッチンが良い

カウンターキッチン

私は動きがとろいので1日で台所に立つ時間が結構長いです。

台所で作業している間娘はリビングで一人遊びをしていますが、娘に背を向ける状態になるので、頻繁に後ろを振り返って安全確認をしなければなりません。


特に我が家は猫がいるので、猫が子供に近づかないようにかなり気を付けていました。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

友達の家のカウンターキッチンで洗い物をした時、快適すぎて泣きそうになったw
子供の安全を常に確認しつつ、さらにテレビまで見る余裕がある!!
あーーカウンターキッチンほしいw





ベランダは広い方が良い

洗濯物

赤ちゃんがいると、洗濯物がかなり増えます。

私の洗濯物は減ったけどそれを差し引いても洗濯物はかなり増えますw


子供が汗をかいたら着替えて、ヨダレが多い子はこまめにスタイを替えてタオルやガーゼも洗濯、ゲロを吐いたら服・布団のシーツ・タオルなど全滅→洗濯、う○こが漏れても同じく洗濯して・・・・


「いやwwもう干す場所ねーよww」


と一人ツッコミをしていたあの日々はまだ記憶に新しい・・(´・ω・`)

布おむつを使うならさらに洗濯物は増えると思います。

どうしようもない時はコインランドリーにお世話になりました。





(車がなければ)駅から近い方が良い

我が家は最寄り駅まで徒歩30分程かかります/(^o^)\


ですが

「近所にバス亭あるから、バス1本で大きな駅まで行けるし問題ないっしょwむしろ便利じゃんw」

と思ってましたが・・


いつバスに乗っても大混雑(;´・ω・)

バスの本数もかなり多いのに、平日の14時とかでも座席に座れないどころか通路もぎゅうぎゅう詰めで前の扉から降りれない時もありますwなんでぇえ

子供を抱っこしつつベビーカーをたたんで端によせてバスに乗った時、知らないおばあちゃんから

「あらぁ・・こんな大きい物持ち込んで邪魔やわぁ・・」

と冷たい目で言われてからバスにベビーカーを持ち込まないようになりました(((´・ω・`)))
そしてベビーカーがないと長時間のお出かけが大変なので、あまり遠出をしなくなりました・・(´・ω・`)

ちなみに駅まで自転車で行くと駐輪所満車問題が発生します/(^o^)\

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

友達からこのベビーカーを使わせてもらった時、めちゃくちゃ感動したww
すっごく小さく折りたためるから大きなカバンに入るし自転車の前かごにも乗せることができます。
これはスゴイ。

MEMO
「駅が近い」以外にも・・

治安の良さ
スーパーが近い
子供が遊びやすい公園が近所にあるか
支援センターが近い
子育て世帯が多い

なども家選びのポイント!
さらに子連れで遊びに行けるショッピングモールが近いと便利(´ω`*)





その他に・・・

棚は扉が付いているものが良い

子供は棚に置いてる物を取り出してまき散らかします。

何度片づけても、子供の手が届く限り毎日まき散らかしますw


扉がついている棚は簡単にロックできますが、そうでなければ子供のイタズラ対策は手間がかかります。

突っ張り棒+布でカバーをしたり、ワイヤーネット+ストッパーで対策できますが、開ける時に毎回面倒ですし見た目もあまり良くないです。

工夫次第でいい感じにできるかもしれませんが、最初から扉が付いている棚の方が断然楽です。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

使う場所に合わせていろんな形状の物が売ってあります。
100均の物で十分です。




ボタンを押すだけで解錠できるタイプのドア

普通の鍵の家にしか住んだことないけど、子連れで出かける時はカバンから鍵を出すのがすごく大変なので(リュック+大体両手が埋まってる)、ボタンで開けられるタイプのドアだったら楽だなぁと日ごろから思っています(*´Д`)

↓こんなの。

「LIXIL」より引用
https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

(追記)
最近、リュック+小さなショルダーバッグの2個持ちが便利な事に気づきました。
ショルダーバッグには「財布・スマホ・家の鍵・ティッシュ」。
出し入れがめちゃくちゃ楽やないか・・

ちなみにそれに抱っこひもが加わると、いろんな紐が絡まってなんか首が閉まりそうな感じになりますw




寝室の照明は調光機能がある方が良い

普通に生活している時間は明るくして、寝る時間が近づいたら少し暗くしてあげると眠りへの導入がスムーズになります。

人間の睡眠は光が大きく影響しているので、シーンに合わせて明るさ調整をする事は結構大事です。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

夜中の授乳やオムツ替えの時は、明るいと目が覚めてしまうのでこのランプを使ってました。
ぷよぷよで柔らかいので枕元に置きっぱなしでもケガする心配がないし、コードレスなので便利です。
そしてなによりも可愛い(*´Д`)



家電はチャイルドロックがある方が良い

家に置いている空気清浄機と扇風機の電源を、1日に何回も消されます(;´∀`)
そこまで気にするレベルではないですが、チャイルドロックは無いよりある方がいいですw




洗濯機は乾燥機能が付いている物が良い

ベランダが狭くて、部屋干しするスペースが無い家だと乾燥機能がないと大変です。




これからペットを飼うならもう少し後が良い

犬と赤ちゃん

YouTubeとかでよく見る子供と動物が一緒に昼寝してたり動物が子守りしてるほのぼの動画・・

あれができる子ってかなりの少数派だと思います(´・ω・`)

ウチの猫は普通に引っ掻くし威嚇します。
さらに、頻繁に子供の近くで猫同士喧嘩をしてかなり大変でした・・
やきもちを焼いて赤ちゃんに攻撃的になる子もいるみたいです。


そして、赤ちゃんは免疫力が低いので、動物との接触は注意しなければなりません。

感染症について

〔前略〕

しかし、乳幼児や高齢者は、健康な成人に比べて免疫力が弱い場合があるため注意が必要だ。ある例では両親が生後7週の赤ちゃんを病院に連れてきた。赤ちゃんは発熱し、頭蓋骨の泉門(ひよめき)が膨らんでいた。

診察の結果、赤ちゃんはパスツレラ・ムルトシダ(Pasteurella multocida)による髄膜炎にかかっていたことが判明。これも、ネコやイヌの口の中によくいる病原体だ。2歳の兄が飼いイヌによく手をなめさせており、その指を生まれて間もない弟に吸わせていたのだ。

結論としては、ペットを愛する皆さんは手洗いをお忘れなく。そして、イヌやネコにぬれた舌で顔にたっぷりキスさせることには、慎重になった方がいいかもしれない。

「ペットとのキス、実は危険? ひとなめで細菌が数百万」より引用

もともとペットを飼っている状態で妊娠した場合は・・

〔前略〕
・ ペットのトイレのトレーニングができておらず、あちこちでしてしまう
・ 飼い主さんをベロベロなめることを許している
・ 散歩の後に足をきちんと洗っていない(犬の場合)
・ 完全室内飼い以外の方法で飼っている(猫の場合)
・ トリミングやシャンプー、爪切り、ブラッシングを適度に行っていない
・ ペットの健康管理を行っていない
・ ペットの毛などを、適度に掃除していない
・ ペットが人間に対して非常に攻撃的
・ ペットが飼い主さんと信頼関係を結べていない
・ ペットがワガママし放題になっている
・ 飼い主さんがペットの性格を理解できていない
こういった基本的なことができていない場合には、赤ちゃんに対して不衛生な環境になりますし、危険でもあります。妊娠期間中に訓練をして、できるようになっておく必要があります。

「ペットと赤ちゃんが一緒に暮らすのって衛生的には大丈夫なの? 獣医さんに聞いてみた!とは?」より引用
https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

「やっと子供が寝てくれた!」
と思った瞬間猫が鳴いて子供が起きる。

というパターンが100回くらいありました・・(´・ω・`)




日当たりがいい家が良い

  • 育児で気持ちが沈んでいる時に暗い部屋だと余計疲れてしまうかも。
  • 洗濯物が乾きやすい。
  • 朝しっかり太陽の光を浴びさせる事で、夜ぐっすり寝れるようになります。

眠気を誘うホルモン「メラトニン」が関係している。
太陽光を目に取り込んでから14時間後にメラトニンの分泌が始まります。
メラトニンが分泌されると、脈拍、体温、血圧が低下して、自然な眠りを誘います。
なので、朝起きたらしっかり太陽の光を浴びる事が大事。





広ければ良いわけではない!狭い家のメリット

  • 子供がウロウロしても部屋が狭いのでだいたい目が届く。
  • 掃除が楽。
  • 家族とのふれあいが増える。
  • エアコンなど電気代が節約できる。
  • 家賃が安い。





まとめ

全ての条件を満たそうと思えば高い家賃になってしまいます。
なので、どこを妥協できるかしっかり考えてから家選びをしましょう!

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

少しでも育児ストレスが減るように家選びは慎重にしましょう!

今、私の娘は2歳ですが
「あーこんな家じゃなかったらもっと楽だったのに・・!」
と思う事が何度もありました(´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。