更新情報

子供がワンクリック詐欺の被害に…|対処やウイルス対策

娘はそろそろ2歳になります。
先日タブレットでYouTubeを見せていたんですが、ふと画面を見ると・・

どう見てもクリックしちゃいけないサイトがバッチリ開いてる!!

とっさに消してしまったので実際の画像は残っていませんが
いかにも怪しい外国のサイト。
そして画面に大きな数字が表示されて、その数字がカウントダウン・・



YouTubeの画面を見たら

コメント欄に延々とURLが。
こんなの大人だったら絶対クリックしない怪しさ全開のURLですが、子供だったらよくわからずクリックしちゃいますね。

子供にタブレットを触らせるなら、ちゃんと対策しないと危険です。




ワンクリック詐欺とは

ワンクリック詐欺の例

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/05/hukidasi_106.jpg

おめでとう!当選したよ!
ここをクリックして賞金を受け取ってね。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/05/hukidasi_106.jpg

はい!
エロサイトに登録完了しました!
10万円払ってね。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/05/hukidasi_106.jpg

ウイルスに感染しました!
今すぐこのウイルスソフトをインストールしてください。

こんな感じで危険なアプリのインストールを誘導したり、お金を振り込ませたり、個人情報を悪用されます。

カメラのシャッター音を鳴らしたり、エラー画面が大きく表示されたり、バイブの振動などでかなり攻めてきます。
(このような表示は多くの場合がウソです)

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/12/hukidasi_101.jpg

こんなの引っかかるの年寄くらいだろ。

と思うかもしれませんが、今は結構手口が巧妙です。



被害が多かった佐川急便ワンクリック詐欺

「https://www.jiji.com/jc/p?id=20180817082809-0027960591」 より引用

手口(一例)
  1. 偽佐川急便から不在通知のショートメールが来る
  2. 記載されたURLをクリックすると上記のような偽物サイトに飛ぶ
  3. 危険なアプリのインストールを誘導されたり、入力した個人情報を悪用される
アプリをインストールしてしまうと・・

スマホが自動で意図しない動作を始め、勝手にプリペイドカードを購入させられたり、スパムメールを大量に送信するようになったという被害が報告されています。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

何も考えずにクリックするのはやめましょう。
少しでも怪しく感じたらクリックする前にネットで調べたり、公式サイトからアクセスしましょう。
ちなみに本物の佐川急便からショートメールが届く事はないそうです。





PR

怪しいURLをクリックしてしまった時の対処

すぐにするべき事

注意
個人情報を入力しない
記載された番号に電話をかけない
買い物をしない
アプリをダウンロードをしない

ワンクリック詐欺に対して支払いをする義務はありません。
とにかくクリックや入力、発信などの操作は一切せず無視してください。


一度連絡をしてしまうと相手に

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/05/hukidasi_106.jpg

お?
コイツいけんじゃね?

と思われて、さらにしつこく請求されるかもしれません。

請求画面を印刷またはスクリーンショットで保存しておくと、後に警察や弁護士に相談する事があれば証拠として提示できます。

(ごく稀に裁判所から支払督促が届く事があるらしいです。その場合はきちんと目を通した上で、必ず督促異議の申立をしましょう。)





警告ポップアップの消し方

警告ポップアップが消えない時、パソコンだったらウイルスに感染してる事が多いですがスマホやタブレットの場合は以下の操作で消す事ができます。

iPhoneの場合
  1. タブを削除
  2. アプリを全て終了
  3. 「設定」→「Safari」→「履歴と Web サイトデータを消去」
androidの場合
  1. タブを削除
  2. アプリを全て終了
  3. 「設定」→「アプリ」→「(ブラウザ)」→「キャッシュを削除」
  4. 「閲覧履歴削除」もしておいた方が良いと思います。
https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

androidの場合、機種によって多少手順が違います。

ちなみにタブというのはコレの事です。
「×」を押したら消せます。





PR

ウイルスが心配なら

すぐにするべき事

  1. すぐにネットを切断(機内モード)
  2. タブを消して履歴、キャッシュの消去
  3. 知らないアプリがインストールされていないか確認
  4. 念のためウイルススキャン
    (これをすれば100%安全というわけではありません)

パソコンと比べてスマホやタブレットの場合、サイトを見ただけで感染する事は少ないと言われています。
主にアプリをインストールして感染します。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

アプリをインストールする時は、公式アプリストアからダウンロードするようにしましょう。(App StoreやGoogle Play)
インストールする際、ダウンロード数や口コミなどを確認し、怪しいアプリではないか確認しましょう。

ちなみにiPhoneはandroidと比べてアプリの審査が厳しいので、不正アプリの確率は少ないそうです。




ウイルス感染した場合の被害例

ウイルスの被害例
  • スマホに保存された個人情報や連絡帳、写真などを外部に送信
  • 盗聴・盗撮
  • 遠隔操作で勝手に動く
  • SNS乗っ取り
  • ランサムウェア
    (身代金要求型ウイルス:ファイルの暗号化や端末のロックが行われ、解除するために金銭を要求されます。)
https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

下記の症状が出ると危険サインです!
(ただ単に端末の劣化や故障というパターンもあります。)

  • 操作していないのに勝手に動く
  • 動作が重くなる、熱くなる
  • バッテリーの消耗が早くなる
  • 身に覚えがないアプリがインストールされている





普段からできるウイルス対策

  • OSやアプリのアップデートをできるだけ早くする
  • ウイルス対策アプリを導入
  • パソコンに接続する必要がある場合、パソコンもしっかりウイルス対策をする(※1)
  • Wi-Fiの自動接続をオフ(※2)
  • 公共Wi-Fiで接続する場合、ネットショッピングなど個人情報を入力する必要があるサイトにアクセスしない
  • 知らないサイトへのアクセスは控える
  • 知らないアプリをむやみにインストールしない

(※1)ウイルス感染しているパソコンと接続したらスマホも感染する場合があります。
(※2)悪意ある第三者が用意したセキュリティの甘いWi-Fiに接続され、ハッキングされる可能性があります。パスワードで保護されているWi-Fiを使いましょう。

怪しいと感じたURLをクリックする前に・・

URLを入力するだけで、そのサイトの安全性を確認できます。

参考 評価を確認するWebサイトのアドレスを入力してくださいトレンドマイクロ Site Safety Center




PR

小さい子供がスマホやタブレットを安全に使うには

チャイルドロックをかける

「YouTube kids」など、安全なアプリだけを使用できるようにし、それ以外の画面は操作できないように設定できます。

iPhoneの場合
  1. 「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「アクセスガイド」
  2. 「アクセスガイド」と「ショートカットを表示」をオン
  3. チャイルドロックをしたい画面でホームボタンを3回押す
  4. 触ってほしくない範囲を手動で囲んで設定する事もできる
  5. 終了したい時もホームボタンを3回押す(パスコード入力)
androidの場合

好きなチャイルドロックのアプリを選んでインストールする
(もともとチャイルドロック機能がついている端末もある)

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

iPhone、iPadは
「スクリーンタイム」機能を使うとアプリ使用制限などができるそうです。




普段から画面をロックしておく

子どもに関係なく、紛失時などもロックを掛けておかないと危険です。
毎回解除するのがめんどくさいですが、ちゃんと設定しておきましょう。




PR

相談窓口

MEMO

国民生活センター・消費生活センター
http://www.kokusen.go.jp/map/index.html


都道府県警サイバー犯罪窓口
脅迫や恐喝など、悪質な業者に目をつけられてしまった場合
http://www.npa.go.jp/cyber/soudan.htm


情報処理推進機構(IPA)
一般的な情報セキュリティ(主にウイルスや不正アクセス)に関する技術的な相談に対してアドバイスを提供する窓口
https://www.ipa.go.jp/security/anshin/

(偽のセキュリティ警告画面が表示された場合の対処や、アプリをインストールしてしまった場合の対処がこちらに記載されています。


お使いのセキュリティソフトのサポート窓口
各窓口へ
https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

問い合わせをする前に、サイトに記載されている「よくある相談」をしっかり読みましょう。

注意
ワンクリック詐欺の解決を装った悪質なウェブサイトや行政書士に注意!
高額な相談料を請求される場合があります。





まとめ

ワンクリック詐欺やウイルス対策について
  • 子どもにスマホやタブレットを触らせる場合、チャイルドロックなどで不正サイトにアクセスしないように対策をする。

  • ワンクリック詐欺は基本無視。支払い義務無し(万が一裁判所から支払督促が届いた時は対応する)

  • 警告ポップアップは大抵消せます。

  • スマホやタブレットはパソコンに比べてウイルスに感染しにくいですが、主に不正アプリのインストールによって感染します。

  • ウイルスは日々進化しているので100%安全はありません。日ごろから自分ができる対策はしっかりしましょう。
https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

スマホやタブレットは個人情報がたくさん詰まっているので取り扱いには十分注意してください。

ウイルスにかかれば、自分だけではなく登録している連絡先の人にも迷惑がかかります。

子供は悪気がなくても想定外な事をやってくれるのでイタズラされる前にしっかり対策をしましょう。

ウイルスに感染すると初期化しないと治らない場合もあります。
あらかじめバックアップを取っておくと良いです。

ウイルス対策ソフトは無料の物もありますし、有料のものでも無料期間があります。
入れておけばウイルススキャンができたり、危険なサイトをシャットアウトしてくれるので安心です。

2 COMMENTS

アバター misuzu

こんにちは。ランキングからきました。
とっても焦りますが、冷静に対処しないとだめですね。
勉強になりました。

アバター ぽここ

本当にとても焦りました・・
今回は旦那が冷静に対処してくれたのでとても助かりました(^-^;
お役に立てて嬉しい限りです
コメントありがとうございました!(‘ω’)

現在コメントは受け付けておりません。