更新情報

震災時のトイレ|知らなきゃ大変な事になる!?携帯・簡易トイレについて色々

最近地震が多いなぁと思い、今さらですが全力で防災グッズを集めています。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

大きな地震が起こるたびにやろうやろうと思いつつ・・

今に至る!!

本当に必要な物を厳選して揃えるために被災者が書いた記事などを参考にしていますが、どうやら被災中のトイレ事情はなかなか悲惨なようです・・







震災時のトイレ事情

トイレパニック

被災して水が使えなくなると、水洗トイレは使用できなくなります。

流れない公衆便所でたくさんの人が排泄するのでかなりカオスな状態になるそうです。

阪神淡路大震災の時に、トイレパニックという言葉が生まれたらしいです。
う○こが便器にてんこ盛りになるらしいよ・・(´・ω・`)ガクブル


もちろんう○こだけではないと思います。
虫がたくさん湧いたり、嘔吐や生理の汚物が床にまき散らかされてるなんて事もあるんじゃないでしょうか・・。
(水が無いから洗えないだろうし。)

そして夜は電気が無いので真っ暗です・・

そんな状況で自分も用を足せるのだろうか・・。
(実際その状況になったら、やらないといけないんだろうけどさ・・)


さらに、下記のような状態になると体調を崩したり最悪命に関わります。

  • トイレに行きたくないので、水や食事を減らしてしまう。
  • 不衛生な環境で感染症が起こる。
  • 精神的なストレス。
  • トイレ待ちの行列ができて、排泄したい時にできない。

「防災グッズ」として水や食料を備蓄している家庭は多いと思いますが、トイレ対策もしっかりとするべきです。
トイレパニックを目の当たりにしたら、トイレ対策をしなかった事を絶対に後悔すると思います・・。

食事はある程度我慢できますが、排泄は我慢できません。

防災グッズを集めるならトイレ関係の物をしっかり用意しましょう。



被災時のトイレ関係で知っておくべき事

①バケツの水でトイレを流す場合

排水管が壊れたトイレを使うと、逆流する危険性があるので大震災の直後は使用してはいけない。


「国土交通省ホームページ」より引用
https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

自分の家のトイレが上の階の住人のう○こであふれ返ったら、私だったらぶっ倒れるわw
「大変なことになってるんです~」じゃ済まねーわw

参考 災害時のトイレ、どうする?国土交通省のホームページで公開されている、こちらの漫画が参考になりました。 参考 断水や給水制限のときは、どうやってトイレを流せば良いですか?LIXILのホームページでバケツを使った水の流し方を説明しています。



②トイレットペーパーについて

トイレットペーパーのほとんどは国産で(輸入5%程)、さらに静岡の生産量は40%もあるらしいです。
静岡が被災すると入手が難しくなるので、1ヶ月分のトイレットペーパーを備蓄しておくと良いと言われています。

<1ヶ月の目安>
女性:シングル6~12ロール
男性:シングル2~4ロール

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

目安はあくまでも目安なので実際に1ヵ月どれくらい使うか数えてみると安心です。

トイレットペーパーは場所を取るのでたくさん買い込むのは難しいですよね。
私は安売りしてる時に1つ余分に買ってローリングストックをしています。
備蓄に適した10年保証の物や、省スペースなトイレットペーパーがあります。



③復旧後に注意すること

水の復旧後、真っ先にトイレを使用するとトイレのタンクや、ウォシュレットが破裂する場合があるらしいです。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

洗面台や台所から水をだして空気を抜いてからトイレを流しましょう。





携帯トイレと簡易トイレの違い

携帯トイレとは

直接袋の中に排泄します。便座はありません。

袋の中に凝固剤が入っていて、尿を瞬時にゼリー状にしてくれます。(使用済みのオムツのようなムニっとした感じになります。)
メーカーによってデザインやサイズ、素材などがかなり違います。

コンパクトで持ち運びに困らずどこでも使用できるので、アウトドアや渋滞した車内で使用するのにも便利です。

基本的に小便用ですが、大便対応の商品もあります。



簡易トイレとは

便器にゴミ袋をセットして使用します。

排泄後、凝固剤(粉末状やシート状の物)をふりかけて袋の中の排泄物を固めます。(メーカーによって使い方の違いは多少あります。)
便器がなくても、バケツやダンボール箱などゴミ袋をセットして座れる物があれば使えます。

便器やバケツ等がある環境だと携帯トイレより使いやすいので、備蓄用に適していると思います。
(使用する場所が確保できるなら、車内やアウトドアでも使用できます。)

小便、大便どちらも対応。

組み立て式の小さなトイレがセットになっている商品もあります。
地震で便器自体がぶっ壊れた時や、避難所生活をする時はこれがあると安心ですね。





携帯トイレは何個必要?

私は4個程カバンに入れています。

状況によって変わるので、4個あれば絶対に大丈夫というわけではありません。

コンパクトに持ち運べてどこでも使用できるので、外出中の最終手段として使うものだと思います。
メインの備蓄は「簡易トイレ」になるので、携帯トイレは帰宅するまでの分と、(余裕があれば)備蓄用に少し用意すれば安心です。

ただ外出先から帰宅できなかったり何が起こるかわからないので、心配ならたくさん用意しても良いと思います。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

非常用持ち出し袋 (災害時とっさに背負って逃げる荷物)
普段使うカバン (防災ポーチ)
に入れておきましょう。



我が家で購入した携帯トイレはこちら
  • 小便用に「ケンユーのプルプル」
  • 大・小便用に「チカ21の万能トイレくん」

    を購入しました。
    小3個、大1個をカバンに入れています。




簡易トイレは何個必要?

我が家で用意した簡易トイレ

1日5回×1週間×2人=

70回分用意

MEMO
排泄回数の1日平均は5~7回
最低でも3日、できれば1週間分以上
  • 仮設トイレが避難所に設置されるのは平均1週間と言われています。
    ※地域や状況によってかなり変わります。
    (東日本大震災では29の自治体に調査をしたところ、仮設トイレを設置するのに1ヶ月以上かかった地域が14%もありました。)

  • 仮設トイレが設置されたとしても、避難者の数に対して仮設トイレの数は圧倒的に足りないらしく、衛生的な状態で使用できる保証はないので、簡易トイレはたくさんある方が良いです。

  • 排泄回数は個人差があるので、一度数えてみると良いです。
https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

防災グッズとしてたくさん備蓄するのはこちらがメインになります。

二次持ち出し品 (備蓄や避難所用)
に入れておくと良いと思います。



我が家で購入した簡易トイレはこちら
  • 凝固剤
    2重アルミ包装なので10年以上の長期保存が可能。
    個別包装されたサンプルが2つ付いてるので本体の袋を開封せずに使用期限が管理できる。(管理方法は下記に記載)


Amazon購入ページへ


 

  • ゴミ袋
    便器にセットして排泄物を入れる袋。
    「厚みが0.02mm以上」
    「色は透明ではない物」
    「容量45L」
    「丈夫さをキャッチフレーズにしている物」
    ならそこまでこだわらなくてもいいかなぁと思いました。


Amazon購入ページへ


 

  • BOSの消臭袋
    使用済みゴミ袋を入れて。ゴミ回収まで溜めておく袋。
    BOSの消臭効果がかなりスゴイのでBOSの袋を使いたいけど、セットになっている商品だと凝固剤が2重アルミ包装ではないので長期保存ができるか不安。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

品質を下げずに値段を抑えたいのでセットの物ではなく3つ個別に購入。
(50回分購入で1回約82円+BOS袋が10枚余る)

全てAmazonで購入。プライム会員なので送料はゼロで計算しています。

凝固剤の管理方法

サンプル使用例:
(1) 購入後5年目に、サンプル1包で固まる効果を確認。
(2) 購入後10年目に、サンプル2包目で固まる効果を確認。
(3) 購入後11年目に、本体を開封して、本体内の小袋1包で固まる効果を確認。1包を取り出したら、外袋のアルミチャックを確実に閉じ、残りの小袋が外気に触れないようにしてください。
(4) その後も毎年1包ずつ使って、固まる効果を確認してください。
(5) あまり固まらないとお感じになったら、買い替えの時期です。Amazon商品ページより引用

「Amazon商品ページ」より引用





携帯・簡易トイレに関する注意事項

  • トイレを用意する数は多い方が安心ですが、凝固剤には使用期限がある。(5~10年くらい)
  • 直射日光や高温多湿を避けて保管する。
  • 拭くためのティッシュと、人に見られる場所で使用する場合は目隠しになるものを用意する。
  • 防臭袋は必須ではないけど、う○こした後のゴミは普通の袋に入れたら絶対に臭いので別途用意した方がいいと思います。
  • 失敗した時に掃除するための拭くものや、(車内利用だと特に)周りを汚さないように下に敷くビニールシート等を事前に用意しておくと安心。
  • なかなかゴミ回収車が来ない場合、しばらく排泄物をバルコニー等に溜めておかなければなりません。ポリバケツなど蓋つきの容器を用意した方がいいそうです。
    (汚物袋を密閉するとガスで袋が破裂してしまうことがあるらしい。)





まとめ

トイレを備蓄するなら
携帯トイレ
普段持ち歩くカバンや非常用持ち出し袋に入れる。
帰宅するまでの個数を用意。(私は4個程用意。大便対応か確認する。)
目隠しとティッシュを忘れずに。

簡易トイレ
二次持ち出し品として家に備蓄する。
1人1日5~7回、できれば一週間以上分



震災時に気を付けること
排水管に異常が無いか確認できるまでトイレの水を流さない。汚水が逆流する。
・トイレットペーパーは1ヵ月分の備蓄が推奨されている。
・水道が復旧したらいきなりトイレを使わない。洗面所や台所などの水から使う。



携帯トイレと簡易トイレの違い
携帯トイレ
小さなトイレ袋に直接排泄。
使用は難しいがコンパクトで持ち運びやすく、どこでも使用できる。
外出中の最終手段として使う。

簡易トイレ
大きいゴミ袋を便座やバケツなどに被せて座って排泄。
付属の凝固剤を使って排泄物を固める。
防災グッズとして使うのはこちらがメイン。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

携帯・簡易トイレは使用期限があるし家族全員分しっかりそろえると結構値段が高くなりますが、被災時にう○こまみれになったトイレは使いたくないので簡易トイレをしっかり用意しました(´・ω・`)

都会に住んでいる人は特にね・・野糞する場所なんてないで(´・ω・`)

せっかく購入しても、ほったらかしにしてたらいざという時に使えないので定期的な防災グッズの点検も忘れずにしましょう(・ω・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。