更新情報

【破水が先に来た場合の出産】出産が初めてで不安な方へ|子供を産む時の痛さってこんな感じです

出産した時の日記がでてきました。
(少し書き足しています)
時間がたつといろいろ忘れちゃうので、こういう記録を残すのは大事ですね。




早朝に破水、そのまま入院

陣痛タクシーで病院に行き、そのまま入院。

陣痛タクシーとは
事前に産院や自分の情報を登録しておけば、いざという時スマホですぐタクシーを呼ぶことができるアプリです。
我が家は車がないので、陣痛タクシーのアプリを登録していました。

翌日の深夜1時ごろから陣痛。
最初は10分間隔の軽い生理痛程度だったけど、そのうち5分間隔の脂汗出るくらいの痛さになり、唸り声で部屋の人を起こしてしまいそうだったのでそそくさと陣痛室へ移動。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

すいませーん。
ちょっと陣痛みたいなのが来たんですけど、どこに行けばいいですか?

ってスタッフの人に聞きながら

(なんかテレビでよく見る再現VTRのイメージと全然違うなぁ)
と思った・・

(家で洗い物とかしてたら、急に陣痛が来て「ウッ!」とかいうやつ)




陣痛室へ移動

陣痛室とは
子宮口が全開になるまで痛みに耐える地獄部屋です。
普通にベッドがある病室でひたすら痛みに耐えます。

耐えるだけです。

きばったら助産師さんに怒られます。
(きばるのは子宮口が全開になってから。でも痛い時ってついきばってしまうので結構難しい)

その間、分娩監視装置を付けて赤ちゃんの心音と子宮の収縮状態を調べます。
(マジックテープでお腹に巻き付けるだけなので痛くないです。私が暴れまくるので何度も付け直されました・・)

助産師さんが付きっきりという事はなく、結構ほったらかしにされます。
ちなみに初めての出産の場合、平均10時間だそうです。
(30時間とかかかる人もいるらしいです。)



隣の分娩台は絶賛出産中で別の妊婦さんの悲鳴が響き渡る中、オルゴールの癒しBGMが流れる薄暗い陣痛室で1人寂しく痛みに耐える。


旦那に電話したけど出ない・・
寝てるわコレ・・

何度かけても出ないので諦めて義母さんにLineを送ったんですが、義母さんが超絶鬼電してくれたらしく旦那起床。

そしてしばらくして旦那登場。
危うく孤独の出産コースだった。
お尻にテニスボールグリグリと腰さすってくれてとても助かりました。
(病院がテニスボールを貸してくれた)

旦那の前なので取り乱さず可愛らしく静かに陣痛に耐えようとか思ってたけど、痛みの限界を超えると人間って悲鳴をあげちゃう事を学ぶ。

普段穏やかな人が暴れたり暴言吐き散らかしたりするって聞いた事あるけど、私の場合は痛すぎて喋る余裕はなかった…


ひたすら5分間隔で2分間の陣痛が続きます。

下痢痛を1億倍強化した感じ?


並みの痛みってしばらく「うっ…」って堪えたら耐えられるんだけど、陣痛の痛みは限界値を軽く超えてるのでどうしたらいいかわからなくなる。(そして2分間は長い)

どの姿勢でも痛いし、泣いても心を無にしようと瞑想しても寝たふりしても机叩いても叫んでも何度でも激痛は必ず来るし・・
私的には、いつ終わるか分からないのが本当に辛かった。
(個人差があるので誰にも分からない。)

もう出産中断して痛みから解放されたいって何回も思いました・・

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi001.jpg

これいつ終わるんですかっ!?

には

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_100.gif
助産師さん

赤ちゃんに聞いてみないとわからないね~(ニコッ)


のテンプレ回答にイラッ
(きっと助産師さんは何千回と同じ質問されてるんだろう・・)


声出して力を入れたら助産師さんに怒られるので(赤ちゃんが降りにくくなるらしい)静かにしようと努力はしたけど無理だった・・



陣痛室で5時間耐えて・・



https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_100.gif助産師さん

赤ちゃんが生まれる準備ができたから、分娩台に移動しましょうね~

と言われ、自分で点滴スタンドを押しながら歩いて隣の分娩室に移動しました。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

マジか。
徒歩移動か。そりゃそうか。

とか思いました。




テレビでよく見るあの台に乗って

陣痛に合わせてひたすらきばる。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_100.gif助産師さん

石のように硬いう◯こを出す感覚で思いっきりきばってね~

だそうだ。

(う○こが漏れたら恥ずかしいので旦那は外で待ってもらいました)


私毎日快便野郎なんで、人生でこんなにきばったのは初めてだった…
浦安鉄筋家族のう○こをきばる国会議員みたいな顔になってたと思います

分娩台は旦那入れなくて本当によかった…
多分トラウマになる。旦那が。


早かったらあと2時間で終わるって言われたので少し希望が湧いて頑張れた!
(本当に2時間で終わりました。さすがっす!)

きばりすぎて排泄物が全種類出そうだったけど

「もうどうにでもなーれー♪」
状態だった。


ちなみに、あそこチョッキンとカテーテルは怖いので断ってたけど結局両方制覇
チョッキンする時は麻酔してくれたみたいで、いつ切ったかわからなかったし産後もそこまで痛くなかった。
むしろ早く終わるためなら何でもやりますやらせて下さい状態。
(産後はチョッキン跡よりお尻の方が痛かった。)


私が分娩台できばってる間、助産婦さん3、4人ほどみんな後ろ向いて作業しながら笑談してて

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

(あれ?私今存在してる…?)

って思ったけど、こっちはそれどころじゃないので気にしないようにしました。
(早朝で人が少なかったからかな?)


赤ちゃんの頭が見えてきたら流石に助産師さんが集まってきて
「あぁ…やっと地獄が終わる!!」
って最後の力を振り絞った。

最初の陣痛室で心身ともに体力削られてたし眠いしフラフラだったし
「出産は体力がある若いうちってこういう事か…」
と悟りました。


頭がやっと出たのでホッとしたんだけど、想定外に肩出るときが激痛だった・・
(今思えばあれ頭だったかも?)

一瞬だったんだけどもう訳の分からない痛みすぎてジェットコースターの落下時くらい悲鳴あげた。

普通に

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/05/hukidasi_naki-1.jpg

ぎゃあああああああああああ!!

って・・

あの痛みが続いたら軽く気絶してたわ。(走馬燈が流れた)
大悲鳴の後シーンとなったので外で待ってる旦那は不安になったらしい。




ついにうまれた!

そんなこんなで赤ちゃんの産声も聞こえて一安心。

お腹にいるときから子どもがいる実感はあったつもりだったけど、自分で声を出して動いてる赤さんの姿を初めて目の当たりにして
あぁ、私親になったんだなぁ…ってじーんときた。
そして生命ってすごいなあと哲学的な気持ちになった・・!

体力ゼロだし(むしろマイナス)痛い事には変わりないけど、赤ちゃんの姿を見たらしんどかった事が吹っ飛びました。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

普通は陣痛がきた後に破水するんですけど私は逆でした。
10%くらいで起こるのでそんなに珍しくはないらしい。
(最初、おねしょしたのかと思って焦った)

出産が終わるまで感染防止のために抗生物質をずっと点滴していましたが、出産が終わった後腕が内出血で紫になってる事に気づきビックリしました・・
暴れまくったしね・・




ちなみに

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

私、陣痛室で暴れてた?
あんまり覚えてないんだけど・・
引いてない?

って旦那に聞いたら

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_010.gif
旦那

とにかく眠かった。


って言われた・・

世の男性よ。


思ってても、絶対に嫁に言ったらダメなやつです。
(暇だからってずっとスマホ触ったりゲームしたら一生恨まれるぞ!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。