更新情報

梅田|キッズアミューズメント|あそびのせかいの感想

この施設の評価
総合
(3.0)
広さ
(3.0)
安全性
(3.0)
値段の安さ
(2.0)
清潔感
(4.0)
アクセスの良さ
(5.0)
スタッフ
(1.0)



どんな感じなのか外から見てみよう。
それで、良い感じだったら少し遊んでみよう。

そう思い、「あそびのせかい グランフロント大阪店」に行ってきました。



その日は3連休の最終日。
梅田だし休日だし人多いだろうなぁとは思ってたけど、お店に着いた時点で17時半くらい。
さすがに、この時間は人少ないっしょw(グランフロントだけど駅から遠い北館だし。)

と、余裕ぶっこいて遠くから中の様子をチェック!


https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

あっ・・(帰ろ。)

入口からでも見える人口密度の高さに、本能的に帰ろうと思ったんですが、娘がノリノリですでに受付前まで行ってしまったので私の拒否権は無くなったww(梅田舐めてた。)






中に入ってみる

受付。
入口付近にはおそらく施設内で使われているであろうおもちゃ達がたくさん販売されてました。

ベビーカー置き場は入口にあります。



入場手順

  1. 受付で人数を伝えて、基本料金(30分)だけ前払い。
  2. 免責事項の確認と同意をする。
  3. 簡単な説明を受ける。
  4. 「ロッカーキー」「入場証」「靴を入れる袋」を受け取る。
MEMO

免責事項の確認と同意について

入口に展示されているQRコードでLINEお友達登録をするとチェックボタンを押して画面を見せるだけでOKなのでスムーズに入場できます。
LINEをやってない人や、友達登録をしたくなければ書類で手続きができるそうなのでご安心を。

参考 入場時のお手続きご協力のおねがい公式サイト



首にぶら下げる入場証にはレシートが入ってました。

靴を入れるビニール袋はシワシワでした。
スタッフさんが袋の選別作業をしていたのでリサイクルしてるのかなー?と思いますが(違うかったらすいません)、個人的にはちょっと嫌かなw



ロッカーキーには番号が書いているので、その番号のロッカーを探して使いましょう。



入口付近は細々したおもちゃ

キッチンセットコーナー

ぐっちゃぐちゃw

遊んでる子供はいなかったけど
私が切羽詰まってる時の、家の台所くらい散らかってましたww



娘は怯みつつも、とりあえずコショーふりふりだけしてましたw




壁にマグネットぺたぺた

娘よ・・
それ裏表逆。



粘土コーナー

それは粘土じゃない。



壁の穴にピンを刺して歯車を繋げていくおもちゃ

ピンを刺すのはそこじゃない。




その他いろいろ




小さな子供用スペース

小さなボールプールもありました。



授乳室とオムツ替え室はこちらのスペース奥にありました。





奥は、体を動かすスペース

とにかく人大杉w

そういえば、今までこういう施設って平日しか行った事なかったんだよね・・
私、今まで生ぬるい世界で生きてたんやなw


いろんなおもちゃでいろんな年齢層の子供が各々楽しそうに遊んでました。
(当たり前だけど、平日と比べて大きな子供・パパさんがかなり多かった。)

そんな中、娘が黙々と・・






創造と破壊を繰り返していました。(神々の遊び?)



トランポリン?

一番奥にあったこの遊具。

サイバーホイールを転がす道なのかと思ったけど、何故か転がらないように固定?されていました。
はて?



とりあえず娘はトランポリンとして遊んでましたが・・


いや・・これって・・





陸上部の練習場やww

大きな子供がひたすら全力疾走w


ウチの娘には「避ける機能」がついてないのであぶねえw
(実際目の前で小学生と2、3歳の子供が激突していた・・)

小さい子供を遊ばせる際は気を付けましょう(´・ω・`)




サイバーホイール

トランポリン?の隣にはさらにサイバーホイールが2つ。
こちらは短い距離ですが自由に転がして遊ぶことができました。



娘はビビりつつ外から転がして遊んでいたので・・



正しい遊び方を体で教えておきましたw




ボールプール周辺

大きな滑り台が1つと



ジャングルジムに繋がった、小さな滑り台が1つありました。



ボールプールはどこも浅かったので、どう頑張っても娘を埋める事ができませんでした。(悔しい。)



壁にはお約束のこれ。



ボールが出てくる穴を覗き込んでは、顔面ボールをくらう遊びにハマってました。



周辺にはいろんなサイズのボールが転がっていて、娘は大喜びでした。




壁の遊具(大きな子供向け)

対象年齢は6歳以上です。




閉館時間になったので退出

1時間延長したので追加料金の600円を支払いました。

合計1時間半遊んで1,800円でした。(高いッ・・)

帰る時に娘が愚図るかと思ったけど意外とすんなり退出できました。


が・・


入口のオモチャ販売コーナー。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

まだコレがあったわwww



しばらく遊ばせてみましたが、キリがないので強制退出。







かなり粘り強く抗議されましたw




まとめ

初めて平日ではなく休日に行ってみましたが、人口密度の高さに驚きましたw
閉館時間(19時)の時点でもかなり人が残ってました。


そして細々したオモチャ類がかなり散らかり放題w
今まで行った施設では、散らかってたらスタッフさんが全力で片づけをしてたし、そもそも親が子供の遊んだ後片づけをしていたのでそんなもんかと思ってたけどそうでもないみたいですね・・

こちらのスタッフさんは片づけより施設内巡回?とか子供と遊ぶ方に力を入れているみたいです。

ただ一点気になったのが・・
スタッフさんが長い時間、一人の少年とボール遊びをしていたんですよね。
(たまたま目に付いたタイミングが悪かっただけかもしれませんが。)

思わず「あの少年はVIP会員なのか!?」と思ってしまいましたww
別にいいんだけど、遊ぶ暇があるならおもちゃの片づけをしてほしかったw

ちなみに、奥の体を動かすコーナーはカドや床は柔らかいクッションでカバーされていました。
遊具も柔らかい物が多く、安心。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。