大阪の美味しいお店&子供と遊べる場所をご紹介

【防災グッズ】エアージェイ乾電池式電源(モバイルバッテリー)を購入した感想


防災グッズとして乾電池式モバイルバッテリーを購入ました。

【防災】地震がおきたらどうすればいい?|今からできる備えと知っておくべき事



被災時のスマホ充電方法

私が考えているイメージは・・
  • メインは「モバイルバッテリー」
    普段から持ち歩いている。

  • 予備として「乾電池式モバイルバッテリー」
    乾電池は備蓄しやすい。
    また、支援物資として乾電池が手に入る可能性がある。

普段使いならモバイルバッテリーが優秀ですが、被災したらモバイルバッテリーを充電するのは難しいですからね・・

避難所でスマホの充電コーナーが設けられる事もあるみたいですが、充電中の盗難や、順番待ちの不便さがあります。


乾電池式以外の充電方法

手回し充電

  • 充電器によっては回す音がうるさい(避難所では迷惑になる)
  • 疲れる(iPhone5を0%→100%に充電するには9時間以上かかるらしい)

ソーラー電気

  • 天気が悪い日は使えない
  • 盗難の心配(避難所の室内に日当たりが良い所がなかったら、ずっと外に置いて充電しないといけない?)
  • 小型ソーラーの充電量は微々たるものらしい(晴天時、A4サイズの太陽光パネルを使ってスマホをフル充電するのに1日かかる)

大容量ポータブル電源

値段が高い!
でもスマホなら40回充電できる。

空気で電気を作るアイテムがあるらしい

こちらも値段が高い。


乾電池式なら(乾電池さえあれば)いつでもどこでも何度でも充電できる!
値段も安い!
ただし問題なのが、充電速度や充電量・・
なので実際に購入して、どんな感じなのか試してみました。

PR

商品説明

パッケージ

クリックで拡大



見た目

クリックで拡大

  • コンパクト&シンプルな作りで良い
  • 低価格なので耐久性は期待できない
  • 「青い光がまぶしすぎる」という書き込みがありましたが、私は「言われてみれば確かにちょっと明るいなぁ」程度
  • 「カバーがゆるい」という書き込みがありましたが、「固くはないけど特に問題はない」です(個体差はあるかも)



セット内容

  1. 本体
  2. 試供品のアルカリ単三電池×4本
    (日立マクセル製)

ぽここ
ぽここ

USB充電ケーブルは自分で用意しましょう。



仕様

出力電圧5.0V/800mA
外形寸法63×75×20mm
本体質量約35.5g(電池除く)
2種類(黒、白)
充電性能スマホを連続最長通話500分
バッテリーの約6割まで充電が可能。
対応機種Phoneシリーズ、スマートフォン、iPod、ポータブルゲーム機など各機器
 MADE  IN  CHINA



その他

  • 一度充電したらその都度新しい乾電池を使用する。
  • 上手く充電出来ない場合はその他の乾電池を使用してみる。
  • エネループなどの充電式乾電池も使用できる。(未検証)






PR

実際に使ってみた

スマホの機種:iPhone7
  • 100均で買った充電コードを使用
  • 付属の試供品乾電池を使用
  • 充電中は電源を入れた状態でできるだけ操作をしない
    (少しLINEを送信、2分通話をした。)
注意
私のスマホは、ゲームで長時間放置をし過ぎたためバッテリーがほぼ使えない状態になっています。
(充電していないと、4時間くらいでバッテリーが無くなる)

あまり参考にならないと思いますが、一応掲載しておきます・・
機種変更をしたらまた実験して更新します。




実験スタート

充電がなくなって電源が切れている状態からスタート
【17分後】電源が付く(充電3%)
【2時間後】充電36%
【4時間後】充電50%から増えたり減ったり
【5時間後】気づいたら充電が100%になっていた

充電器のランプはまだ点灯していました。

ぽここ
ぽここ

意外とちゃんと使えた・・!

注意
私のスマホはバッテリーが壊れているので100%まで充電ができましたが、正常なスマホの場合は難しいと思います。



口コミに・・

充電が遅すぎる

まったく充電できない

「このアクセサリーは使用できません」と表示される

といった書き込みがあったのであまり期待はしていませんでしたが、普通に充電できました。

充電速度は遅いけど、被災中は無駄に消費しないように節約してスマホを使うだろうし、あまり問題なさそう。
1,000円程度で、もしもの時の備えができて大満足です。





PR

まとめ

  1. 乾電池式充電源
  2. 単三乾電池(外した状態にしておく)
  3. USB充電ケーブル
  4. (一応、充電タップ)

上記4点を非常用持ち出し袋 (災害時とっさに背負って逃げる用の荷物)に入れています。
防水ではないので念のため丈夫なチャック付き袋にまとめて入れています。

充電するのに時間はかかりますが、震災用としては優秀です。
そして何よりも値段が安い。
安くてコンパクトなので、防災グッズとして1つ用意しておいて損はないと思います。

念のために購入したら、自分のスマホでちゃんと使えるか試しておきましょう。
そして防災バッグに入れっぱなしにせず、定期的に使えるかチェックするとより安心ですね。