更新情報

エアージェイ|単三乾電池式充電器を使ってみた感想

防災グッズとして乾電池式の充電器を購入してみました。

私が考えているイメージは・・
  • メインは「モバイルバッテリー」
    普段から持ち歩いている。

  • その充電が尽きたら予備として「乾電池式充電器」
    ・乾電池は備蓄しやすい。(使用期限に注意)
    ・支援物資として乾電池が手に入る可能性がある。

といった感じです。

普段使いならモバイルバッテリーが優秀ですが、被災したらモバイルバッテリーを充電するのは難しいですからね・・

避難所でスマホの充電コーナーが設けられる事もあるみたいですが、充電中の盗難や、順番待ちなどの不安があります・・(´・ω・`)



ちなみに・・

その他の充電手段は
  • 手回し充電
    シンプルにしんどい。
    ・避難所では回す音が迷惑になりそう。
    (iPhone5を0%→100%に充電するには9時間以上かかるらしいw)

  • ソーラー電気
    ・天気が悪い日が続くと詰む。
    ・避難所の室内に日当たりが良い所がなかったらずっと外に置いて充電しないといけない?(盗難の心配)
    ・晴天時A4サイズの太陽光パネルを使ってスマホをフル充電するのに1日はかかるらしい。
    小型ソーラーの充電量はお察しですね・・

    多機能なラジオ(手回しやソーラーが付いてるやつ)はオマケ程度に見ておいた方が良いと思います。

  • 大容量ポータブル電源
    値段が・・高い!!(´・ω、・`)
    でもスマホなら40回充電できるらしい。

  • 空気で電気を作れるアイテムがあるらしい
    値段もなかなかぶっ飛んでますw




乾電池式なら、乾電池さえあればいつでもどこでも何度でも充電できる!
これで災害時のスマホ充電問題は解決やん?(・ω・)私って天才!


で、電気屋さんに行く用事があったので、ついでに店員さんに災害時スマホ充電に使えるか聞いてみました。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/05/hukidasi_101.gif
店員さん

いや、乾電池式充電器でスマホを充電するのはあまり現実的じゃないですよ。
やめた方がいいです。
ほとんど充電できないですよ(半笑い)

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi001.jpg

え!


まさかの店員さんからのNGでその日は購入せずにそのまま帰宅しましたが、やっぱり気になったので家に帰ってからAmazonで購入。(←人の話を聞かないタイプ)

口コミも微妙な感じだったけど、値段も1,000円と安いのでダメ元で購入してみました。







商品説明

パッケージ

クリックで拡大



見た目

クリックで拡大

  • コンパクト&シンプルな作りで良いです。
  • 低価格なので耐久性は期待できなさそうです。
  • 「青い光がまぶしすぎる」という書き込みが何件かありましたが、私は「確かにちょっと明るいなぁ」程度です。
  • 「カバーがゆるい」という書き込みが何件かありましたが、「固くはないけど特に問題はない」です。個体差はあるかもしれません。(普段使いでカバンの中に放り込んでごちゃまぜにしたら、カバーが外れる事もあると思います。)



セット内容

  1. 本体
  2. 試供品のアルカリ単三電池(日立マクセル製)が4本付いてます。
https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

スマホ充電のコード等は自分で用意しましょう。



仕様

出力電圧 5.0V/800mA
外形寸法 63×75×20mm
本体質量 約35.5g(電池除く)
2種類(黒、白)
充電性能 スマホを連続最長通話500分
バッテリーの約6割まで充電が可能。
対応機種 Phoneシリーズ、スマートフォン、iPod、ポータブルゲーム機など各機器
  MADE  IN  CHINA



その他

  • 一度充電したらその都度新しい乾電池を使用する。
  • 上手く充電出来ない場合はその他の乾電池を使用してみる。
  • エネループなどの充電式乾電池も使用できる。(未検証)






実際に使ってみた

スマホの機種:iPhone7
  • 100均で買った適当な充電コードを使用。
  • 付属の試供品乾電池を使用。
  • 充電中は電源を入れた状態でできるだけ操作をしない。(少しLINEを送信、2分通話をした。)
注意
私のスマホは、スマホゲームで長時間放置プレイをし過ぎたためバッテリーがお亡くなりになっております・・
(充電していないと4時間くらいでバッテリーが無くなる)

あまり参考にならないと思いますが、一応掲載しておきます(´;ω;`)
機種変更をしたらまた実験して更新しますw



実験スタート

充電がなくなって電源が切れている状態からスタート
【17分後】電源が付く(充電3%)
【2時間後】充電36%
【4時間後】充電50%から増えたり減ったり
【5時間後】気づいたら充電が100%になっていた

充電器のランプはまだ点灯していました。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

十分使えるやん!!

注意
私のスマホはバッテリーが壊れているので100%まで充電ができましたが、正常なスマホだと難しいと思います。多分




そもそも、口コミに

「充電が遅すぎる」
「電気がつかない」
「このアクセサリーは使用できませんと表示されて使えない」

などあったのであまり期待はしていませんでしたが、普通に充電できました。

被災中は無駄に消費しないように節約してスマホを使うだろうし、あまり問題なさそう。
1,000円程度で、もしもの時の備えができて大満足です。







まとめ

  1. 乾電池式充電器
  2. 単三電池(外した状態にしておく)
  3. 充電ケーブル
  4. (充電タップがあれば、充電できる時に乾電池を節約できるので持っといて損はないかな?)


上記4点を非常用持ち出し袋 (災害時とっさに背負って逃げる用の荷物)に入れています。
防水ではないので念のため丈夫なチャック付き袋にまとめて入れています。


一応、上記4点と普段使っているモバイルバッテリーも一緒に入れる予定ではあります。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

普通に充電する時と比べてかなり時間はかかりますが、震災用としては優秀です。安いし。
高いお金を掛ければ優秀な電気関係のグッズを揃えることができますが、乾電池式充電器は安くてコンパクトなので1つ用意しておいて損はないと思います。

念のために購入したら、一度自分のスマホで使えるか試しておきましょう。
あと防災バッグに入れっぱなしにせず、定期的に使えるかチェックするとより安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。