大阪の美味しいお店&子供と遊べる場所

【防災】震災時のトイレ問題|知らなきゃ大変な事になる!?携帯・簡易トイレについて

最近災害が多いので、今さらですが防災グッズを集めています。

本当に必要な物を厳選して揃えるために被災者が書いた記事などを参考にしていますが、どうやら被災中のトイレ事情はかなり悲惨なようです・・

携帯トイレの備蓄はとても大事なので、防災グッズを揃えようと思っている人は参考にしてください。

この記事の内容

  • 震災時、携帯トイレが大事な理由
  • 「携帯トイレ」と「簡易トイレ」の違い
  • 災害時に必要な携帯トイレの数






震災時のトイレ事情

仮設トイレ

トイレパニック

被災して水が使えなくなると、水洗トイレは使用できなくなります。

流れない公衆便所でたくさんの人が排泄するので大惨事になるそうです。

阪神淡路大震災の時に、トイレパニックという言葉が生まれました。(う○こが便器大盛りになるらしい・・)
もちろん排泄物だけではないと思います。
虫がたくさん湧いたり、嘔吐や生理の汚物が床にまき散らされてるなんて事もあるんじゃないでしょうか。(そして水が無いから洗えない)

夜は電気が無くて真っ暗だし、いろいろ踏んじゃいそう。(鳥肌)
想像しただけでかなりキツいですね。

さらに、下記のような状態になると体調を崩したり最悪命に関わります。

  • トイレに行きたくないので、水や食事を減らしてしまう
  • 不衛生な環境で感染症が起こる
  • 精神的なストレス
  • トイレ待ちの行列ができて、排泄したい時にできない


「防災グッズ」として水や食料を備蓄している家庭は多いと思いますが、トイレ対策は忘れられがちです。
トイレパニックを目の当たりにしたら、トイレ対策をしなかった事を絶対に後悔すると思います。

食事はある程度我慢できますが、排泄は我慢できません。
防災グッズを集めるならトイレ関係の物をしっかり用意しましょう。




被災時のトイレ関係で知っておくべき事

バケツの水でトイレを流す場合

排水管が壊れたトイレを使用すると逆流する危険性があるので、大震災の直後は使用してはいけない。

共同住宅の場合(漫画)
排水管が壊れている場合、上の階の人がトイレを使うと1階のトイレから溢れ出してしまいます。

「国土交通省」ホームページより引用
ぽここ
ぽここ

実際に、この状況になったら
「大変なことになってるんです~
じゃ済まないw

参考 災害時のトイレ、どうする?国土交通省 参考 断水や給水制限のときは、どうやってトイレを流せば良いですか?LIXIL



トイレットペーパーについて

トイレットペーパーのほとんどは国産で(輸入5%程)、さらに静岡の生産量が40%程。
静岡が被災すると入手が難しくなるので、1カ月分のトイレットペーパーを備蓄しておくと良いとされています。

<1カ月の目安>
女性:シングル6~12ロール
男性:シングル2~4ロール

目安はあくまでも目安なので実際に1ヵ月どれくらい使うか数えてみると安心です。
備蓄に適した10年保存の物や、省スペースのトイレットペーパーがあります。



復旧後に注意すること

水の復旧後、真っ先にトイレを使用するとトイレのタンクやウォッシュレットが破裂する恐れがある。

ぽここ
ぽここ

洗面台や台所から水をだして空気を抜いてからトイレを流しましょう。





PR

携帯トイレと簡易トイレの違い

疑問に思う人
ぽここ
ぽここ

メーカーによって多少違いがあります。

携帯トイレとは

「排泄する袋」と「凝固剤」のセットになっているもの。

袋の中に凝固剤を入れて、その中に排泄します。
凝固剤が尿を瞬時にゼリー状にしてくれるので、そのままゴミとして処分する事ができます。


さらに細かく分けると2種類

コンパクトなタイプ

便座が不要
  • 便器になるようなものを使わず、直接袋に排泄する
  • 基本的に小便用(大便対応のものも有り)
  • メーカーによってデザイン、素材、サイズにかなり違いがある。
  • 小さくて携帯しやすいので渋滞中の車での使用や、登山などに便利
ぽここ
ぽここ

女性が使う場合、「便座が不要タイプ」はすごく難しいです。
一度使用して、使いやすいものを選ぶのがオススメ。



備蓄用タイプ

便座を用意する必要がある
  • (別で用意した)便座に、ゴミ袋と凝固剤をセットして使用
  • 便器がなければ、ダンボールやバケツで代用することもできる
  • 備蓄用にたくさん用意するのはこちら




簡易トイレとは

便器の代わりになるもの。
簡易トイレに、携帯トイレをセットして使う。

便器が無い場所や、便器が破壊されて使えない時に簡易トイレが必要になります。

持ち運びに便利な小さなタイプもありますが、小さい物は使いにくく、長く使用する場合は耐久性の問題があります。

使用する目的に合わせて選びましょう。

2020年1月 こちらの動画を参考に修正しました。





PR

携帯トイレは何個必要?

最低でも3日、できれば1週間分以上
(排泄回数の1日平均は5~7回)

(我が家の場合)
1日5回×1週間×2人=70回分用意


仮設トイレが避難所に設置されるのは平均1週間

地域や状況によってかなり変わります。
東日本大震災では29の自治体に調査をしたところ、仮設トイレを設置するのに1ヶ月以上かかった地域が14%もありました。

簡易トイレはたくさんある方が安心

仮設トイレが設置されたとしても避難者の数に対して仮設トイレの数は圧倒的に足りないらしく、衛生的な状態で使用できる保証はありません。

ただし使用期限がある

凝固剤は使用期限(5年~10年程)があるので、たくさん購入しすぎると無駄になってしまう場合があります。
いざという時にちゃんと使える(固まる)か、定期的に凝固剤のチェックをしましょう。

排泄回数は個人差が大きい

個人差がかなり大きいため、一度実際に数えてみると安心です。

高層階に住んでいる人は必須

被災すると、エレベーターは止まります。
配給される水でトイレを流す場合、階段をおりて現地まで向かい、行列を並び、階段をのぼって重い水を運ばなければなりません。
しかもそれだけ苦労して運んでもたった1回のトイレで無くなります。(1回のトイレでバケツ1~2杯の水が必要)

たとえ仮設トイレが設置されても、トイレに行くためには階段を利用して往復しないといけません。
特にお年寄りや体が不自由な方は本当に困ると思います。

ぽここ
ぽここ

私は念のため、便器が不要なタイプの携帯トイレも4つ程用意しています。
(被災時は公衆便所も使用できません)




我が家で購入した携帯トイレ

凝固剤、BOSの消臭袋、45Lのゴミ袋
ぽここ
ぽここ

全てAmazonで購入。
プライム会員なので送料はゼロで計算しています。

品質を下げずに値段を抑えたいのでセットの物ではなく3つ個別に購入。
(50回分購入で1回約82円+BOS袋が10枚余る)

購入した「備蓄用」携帯トイレ
  • 凝固剤
    2重アルミ包装なので10年以上の長期保存が可能。
    サンプルが2つ付いてるので本体の袋を開封せずに使用期限が管理できる。
    (※)管理方法は下記参考


Amazon購入ページへ

 

 

  • ゴミ袋
    便器にセットして排泄物を入れる袋。
    「厚みが0.02mm以上」
    「色は透明ではない物」
    「容量45L」


Amazon購入ページへ

 

 

  • BOSの消臭袋
    使用済みの袋を入れて、ゴミ回収まで溜めておく袋。
    BOSのセット商品もありますが、凝固剤が2重アルミ包装ではないのが不安なのでセット商品は購入しませんでした。

(※)凝固剤の管理方法

サンプル使用例:
(1) 購入後5年目に、サンプル1包で固まる効果を確認。
(2) 購入後10年目に、サンプル2包目で固まる効果を確認。
(3) 購入後11年目に、本体を開封して、本体内の小袋1包で固まる効果を確認。1包を取り出したら、外袋のアルミチャックを確実に閉じ、残りの小袋が外気に触れないようにしてください。
(4) その後も毎年1包ずつ使って、固まる効果を確認してください。
(5) あまり固まらないとお感じになったら、買い替えの時期です。Amazon商品ページより引用

「Amazon商品ページ」より引用



購入した「持ち運び用」の携帯トイレ
  • 小便用に「ケンユーのプルプル」×3個

  • 大・小便用に「チカ21の万能トイレくん」×1個





PR

携帯トイレに関する注意事項

  • 凝固剤の使用期限に気を付ける。
  • 直射日光や高温多湿を避けて保管する。
  • 拭くためのティッシュと、人に見られる場所で使用する場合は目隠しになるものを用意する。
  • 防臭袋は必須ではありませんが、う○こをした後のゴミは普通の袋に入れたら絶対にクサいので用意した方がいいです。
  • 失敗した時に掃除するための拭くものや、周りを汚さないように下に敷くビニールシート等を事前に用意しておくと安心。
    (車内で漏らすとなかなか臭いが取れないらしい)
  • 長い間ゴミ回収車が来ない場合、しばらく排泄物をバルコニー等に溜めておかなければなりません。ポリバケツなど蓋つきの容器を用意した方がいいそうです。
    (汚物袋を密閉するとガスで袋が破裂してしまうことがあるらしい。)





PR

まとめ

大空の下で喜ぶ人

携帯トイレには使用期限があります。
そして家族全員分を揃えるとなると、結構高額になってしまいます。

ですが、被災時にう〇こまみれになった公衆便所はできれば使いたくないので、今のうちにしっかり準備しておく事が大事だと思いました。

被災してから購入したいと思っても、手に入りません。
(特に都会は野糞する場所なんてない・・)
日頃から備えをしておき、いざという時にちゃんと使えるか点検をしておきましょう。