大阪の美味しいお店&子供と遊べる場所

【防災】地震がおきたらどうすればいい?|今からできる備えと知っておくべき事

この記事はこんな人にオススメ

  • 効果的な地震対策を知りたい
  • 地震が来たらどう行動すればいいの?
  • 生き延びるためにできることを知りたい

被災者の記事などを参考に、地震について覚えておきたい事をまとめました。
私はとっさに判断ができないタイプなので、前もってしっかり準備をしておく事が大事だと思います。




日頃からしておくべきこと

倒れたら危ない物をできるだけ置かない

『地震が来たら机の下に避難しましょう』とよく聞きますが、震度7レベルの揺れになるとぶっ飛ばされそうになり、一歩も動けないそうです。

もし大地震が来た時に、自分が机から遠い場所にいたら机の下に避難するのはかなり難しいと思います。
「地震がくれば机に隠れたら大丈夫」と油断せず、危ない物を置かないようにしましょう。

ぽここ
ぽここ

都市型地震災害の場合、死因のほとんどが『窒息・圧迫死』です。


固定具で転倒を防ぐ

大地震の場合、「家具が倒れてくる」ではなく「家具が飛んでくる」そうです。

ぽここ
ぽここ

複数の固定具を併用すれば、強度が上がります。

L字金具

穴をあけてしっかり固定
壁の裏側の間柱(まばしら)の部分につけると強度が上がります。
強度はとても高いですが、壁に穴を開けないといけないので賃貸の家は設置が難しいです。


T型固定式不動王

T型固定式不動王 8551

貼るだけで家具を固定できる
超発泡ダンパーが揺れを吸収して転倒を防止してくれます。
150kgまで実証済み。


敷くタイプ

敷くだけで転倒防止
家具が少し傾くので、突っ張り棒やT字・L字型のストッパーとは相性がよくないそうです。
凹凸のある床やクッション性のある床では使用できません。


耐震ジェルマット

テレビやパソコンなどに
100円ショップにも売ってますが、100円ショップで買うのはやめた方がいいです。
高価なものと100円のもの両方使いましたが、接着力が全然違いました。
ここはケチっちゃダメな所だなと思った・・


レンジストッパー

電子レンジに
電子レンジが吹っ飛ぶと、コードが千切れて火災になる事があります。
それと電気の復旧は比較的早いらしいので、電子レンジを壊さないようにするのは大事。


つっぱり棒

穴を開けられない家や家具に
家具の手前ではなく壁側に設置すると強度が上がります。
ただし揺れが強すぎると外れてしまう場合があるそうです。
購入時はサイズの間違いが無いように注意。


つっぱりボックス

突っ張り棒の強化版


家具の配置を考える

大きな家具が重なって倒れるとなかなか動かせないそうです。
入口や通路に物を置かないようにしましょう。
特にドアの近くに大きな家具を置いていると、倒れた時に逃げられなくなります。

扉付きの家具を選ぶ

家具を固定しても、扉がなければ中身が崩れ落ち、食器は床に落ちて割れます。
揺れで扉が開かないように対策をしましょう。(耐震ラッチ)


また、扉がガラスの場合はガラスが割れて破片が床に散らばる危険があるのでガラス飛散防止フィルムを付けましょう。


引き出しが抜けて飛んでくるらしいので、その対策もした方が良いですね。



地震に強い家に住む

どれだけ家の中の対策を頑張っても、建物が潰れたら意味がありません。
状況によって変わりますが、ざっくりまとめるとこんな感じ。

  • 古い建物(※)は倒壊しやすい
  • 古い建物は、1階~中層階が潰れやすい
  • 1階は水浸リスクがある
  • 高層階は大きく揺れるので「転倒対策」、エレベーターが止まるので「備蓄」を万全にする
  • 1階が駐車場等の吹き抜け(ピロティ形式)になっている建物は作りが弱く、新しい建物でも潰れる危険がある
  • 新耐震基準の建物は3つの等級があるが、ほとんどは震度6強から7の地震に耐えられるので建物倒壊の危険は低い
  • 耐震構造(「耐震」「制震」「免震」)はマンションごとに異なり、それぞれ揺れ方に違いがあります。
MEMO
(※)1981年6月1日より前の旧耐震基準で建てられた建物を、「古い建物」と表現しています。
新耐震基準のコンセプトは、「東日本大震災レベル (M9.0)の地震でも死者を出さないこと」と言われています。

寝る場所は安全にしておく

寝ぼけていると地震が起こってもとっさに動けません。
周辺に危ないものは置かないようにしましょう。
背の高い家具は置かないようにして、窓周辺は気を付ける。
掛け時計や額縁も、高い場所から落ちてきたら危ないです。

↓ こんなのがあるらしい・・Σ(・ω・ノ)ノ!


普段からスリッパを使う

食器やガラスの破片が床一面に飛び散る場合があります。
スリッパがないと足の裏に怪我をしてしまいます。(特に夜は停電して真っ暗になるので危険)
一般的な底が薄いスリッパは足を完全に守るには不十分なので、専用のスリッパを用意すると安心です。
寝る時は、傍に置いておきましょう。


避難場所を確認しておく

参考 ハザードマップポータルサイト国土交通省

↑ こちらのサイトで

  • 大地震が来た時の予測震度
  • 津波が来た時の浸水の深さ
  • 避難施設

などが確認できました。
一度、自分の家や職場等の被害予測を確認しておくと良いですね。

家から出る時に火災が発生している場合があるので、複数の避難経路を確保しておきましょう。

【防災】火災が起きたらまず何をする?避難と消火方法


家族と相談しておく

被災時に家族が一緒にいない場合はどうするか、どこに避難するかなど事前に決めておきましょう。

災害時はLINEが便利

災害時は回線が混雑して電話がつながりにくくなります。
連絡手段として「171の災害用伝言ダイヤル」がありますが、LINEは安否確認するのにとても便利です。
GPSを有効にすれば、自分が今いる場所を簡単に相手に伝えられます。

参考 災害時に役立つLINEの活用方法LINE公式ブログ


その他

スマホは毎日ちゃんと充電しておく

家にいる時はできるだけ100%に近い状態にしておきましょう。
モバイルバッテリーも放置していたら少しずつ充電が減っていくので、定期的に充電しておきましょう。



PR

自宅で大地震が起こった時の対処法

ぽここ
ぽここ

状況によって何が正解なのか変わってくるので、臨機応変に行動しましょう。
私みたいにすぐパニックになる人は、日頃から頭の中でシミュレーションをしましょう・・

地震速報がきたらすぐに動く

速報がきてから揺れがはじまるまで、数秒時差があります。(時差があまりない場合もある)
その間にできる事をしましょう。

調理器具や暖房器具の火を消す

ただし揺れが強くて火を消しに行くのが難しい場合は、先に自分の安全を確保しましょう。→揺れがおさまってから火を消す。
(揺れを感知したら自動で火が消えるコンロがあります)

火災が起こってしまった場合

初期消火をしましょう。
ただし、火が天井に届いたら自力での消火はほぼ不可能です。
(天ぷら油火災に最適な消火器は「強化液消火器」です→【火元別の初期消火方法】)

揺れがおさまるまで安全な場所に隠れる
  • 枕、クッション、座布団等で頭を守る
  • 机、ベッドの下、布団の中等に隠れる
  • 窓から離れる
  • 倒れたら危険な家具・家電から離れる
底が厚いスリッパか靴を履く

床に散らかったガラスの破片から足を守るために、家の中でも履きましょう。

出口の確保

ドアや窓を開ける。(枠が歪んで開かなくなる場合がある)

テレビやラジオで情報を確認する
風呂にお湯を溜める

近くの水道管が破裂した場合はすぐに水が止まってしまいますが、そうでなければ少しの間だけ水が出るそうです
水が止まるまでとりあえず風呂やウォータータンク、やかん等に水をためておきましょう。
基本的に飲み水ではなく、生活用水(主にトイレ用)として使用します。

必要な場合は避難する
  • ラジオ・テレビで正しい情報を確認する。
  • ガス栓と電気のブレイカーを必ず閉める。火災の原因になる。
  • 近隣に火が出ていたら消火活動を手伝う。
  • 荷物は背負って両手を開ける。量は最低限に。



PR

場所別の対処法

お風呂

  • 傍に着替えを用意しておく
  • すぐにドアを開けて出口を確保
  • 滑りやすくて危ないので姿勢を低くする
  • 洗面器やお風呂の蓋で頭を守る
  • お湯は抜かずにおいておく

トイレ

ぽここ
ぽここ

トイレは丈夫で安全と言われていますが、頭上に物を置いたりふた付のタンクタイプの便器だと飛んできて逆に危険。

  • すぐにドアを開けて出口を確保
  • 上部に収納しているものがあれば、落下に気を付ける

エレベーター

ぽここ
ぽここ

特に古いエレベーターは閉じ込められる危険があるので、すぐに全ての階のボタンを押す。

どこかの階にとまった場合→エレベーターを降りて階段で脱出
閉じ込められた場合→ 緊急通報ボタンを押して救助を待つ。繋がらない場合はスマホで消防や警察に通報。

オフィス

ぽここ
ぽここ

日頃から、安全な場所と避難経路を確認しておきましょう。

窓ガラスが割れたり、照明が落下、パソコンやコピー機などの機器やロッカー、書類棚などの大型家具が飛んでくる危険がある。

デパート

ぽここ
ぽここ

出口がかなり混雑すると思います。
パニックに巻き込まれないように、気を付けて安全な出口を探しましょう。

  • カバンや買い物カゴで頭を守る
  • 柱や壁際に身を寄せる
  • ショーウインドウや商品棚から離れる。
    (商品が大量に落ちたり、ガラスが割れてとても危険。棚ごと倒れてきたら下敷きになってしまいます。)
  • 頭上に展示物や照明などがある場合は、落下の危険があるので離れる。

地下街

ぽここ
ぽここ

地下鉄の駅構内や地下街は耐震設計なので、地上にいるよりも比較的安全な場合もあるそうです。

  • 停電で照明が消えるとパニックになりやすいので、巻き込まれないように注意(停電したらしばらくの間は非常灯がつきますが、それが消えると真っ暗になります)
  • 地下街では60メートルごとに非常口が設置されているので、人が集中していない出口を探して地上に逃げる
  • 係員の指示に従う


車を運転中

  • 急ブレーキをかけず、徐々にスピードを落として道路の左側に止める。
  • ラジオなどで情報収集。
  • やむをえず車を置いて避難する場合は、エンジンを止めキーは付けたまま、窓を閉め、ドアロックはしない。
  • 連絡先の電話番号や名前を書いたメモを車内に残す。


外出中

  • 電柱やブロック塀に近づかない。(倒れてくる恐れがある)
  • 窓ガラスや看板が降ってくる危険があるので、近づかない・バッグなどで頭を守る。
  • 丈夫そうなビルが近くにあれば、そこに避難する。




PR

用意しておくもの

身を守るもの

  • 懐中電灯
  • ヘルメット(防災ずきん)
  • 履物(底が厚いスリッパや靴)
  • 防災用救助笛
  • マスク
  • 救急用品
  • ハンマーやバール(開かなくなったドアをこじ開ける)

食べ物・飲み物

  • 非常食

貴重品

  • 財布
  • 印鑑
  • 通帳
  • 保険証

その他

  • 現金(小銭も)
  • 家族の写真
  • 大事な人の連絡先
  • 携帯トイレ
  • スマホ関係
  • ラジオ
  • 雨具
  • 防寒具
  • ウォータータンクやバケツ

必要な人のみ

  • 持病の薬
  • 予備のメガネ
ぽここ
ぽここ

これ以外に必要な物は、別の記事にまとめようと思います。



PR

知っておいた方がいいこと

ライフライン復旧の順番

復旧が早い順番は

  1. 電気
  2. 水道
  3. ガス

だそうです。

仮設トイレが設置されるまでの目安

東日本大震災の場合
3日以内に設置された自治体はわずか34%でした。

「避難所におけるトイレの確保・管理ガイドライン」より引用


震災直後にしてはいけないこと

大震災の直後はトイレを流してはいけない

大震災の直後は排水管が壊れている場合があるので、下水道に使用制限かかっていないと確認ができるまでトイレを流してはいけない。(流した汚物が逆流する場合がある)

【防災】震災時のトイレ問題|知らなきゃ大変な事になる!?携帯・簡易トイレについて

ライターやマッチに火をつけない

ガス漏れしている場合、引火して爆発する恐れがある。

エレベーターは使わない

閉じ込められる恐れがあります。

車で避難しない

渋滞の原因になり、緊急車両の通行の妨げになります。

不要不急の電話は控える

安否確認は、災害用伝言ダイヤルやLINE、SNSなどを利用する。

家の中の物で作れる代用品

  • 「ペットシート」+「ゴミ袋」=携帯トイレ
  • 「ペットシート」+「レジ袋」=オムツ
  • 「ダンボール」+「Tシャツ」=ペットキャリー
  • 「ツナ缶」+「ティッシュペーパー」=キャンドル




まとめ

5月11日に大きな地震は起こりませんでしたね。(当日ちょっとドキドキしてたw)
今後いつ大きな地震が来るかわからないので、今の内にちゃんと備えておこうと改めて思いました。




参考にしたサイト

参考 大地震が起きたら、まずこれをしろ!さとなお(佐藤尚之)|note 参考 震度7の地震から身を守る「8つの知恵」東洋経済オンライン 参考 マンションには地震で潰れやすい階がある?新・旧耐震基準で異なる?いえどき 参考 生き延びるための3種の神器。家の中の物で防災グッズが作れる!大地震・水害に耐える「プチプラ防災」とは?PR TIMES 参考 安心・安全の知恵袋 ~地震から身を守る方法京都市危機管理情報館 参考 地震発生!そのときどうする?桂川町役場