大阪の美味しいお店&子供と遊べる場所をご紹介

【出産祝い】何が喜ばれる?育児経験者目線で人気のプレゼントや注意点をご紹介

特に、育児経験がない人にとってベビーグッズは未知の世界なので、出産祝って悩んでしまいますよね。

私が育児を経験した上で、世のママ達が貰って嬉しい物・無難な物・注意点をまとめてみました。





出産祝いのマナー

贈る時期

産後1週間~1カ月

産後すぐは何かと大変な時期なので配送が無難です。
持参する場合は2~3週間以降が良いそうです。
(そして相手の家で長居厳禁)

配送の場合は、希望の配送先時間帯を事前に確認しましょう。
現金を送る場合は「現金書留」

相手が里帰りで自宅にいない場合

住所
配送先の住所(里帰りしている場所)

宛名
「配送先世帯主の苗字」様方+「受取人フルネーム」様



相場

友人、知人、会社の人3,000-1万円
親友、親戚5,000-1万円
兄弟、お世話になった親戚1万-3万円
(自分が未成年や学生の場合は無理のない金額で)

参考 【出産祝い】のし・水引の基本マナーセレプレ





PR

人気のプレゼント

ギフトカード・商品券

【人気のギフトカード・商品券9選】プレゼントするならどれがいい?ネットで購入・買取もできます

こちらにまとめました。



カタログギフト

相手の欲しいものや、好みが分からなければカタログギフトが喜ばれます。

ただし、システム料(手数料のようなもの)込みの値段設定なので、普通に商品を購入するより少し割高になります。



カタログギフトを購入

【Gift Pad】メール一通で選べるギフトが贈れる

住所がわからなくても気軽に贈れる
QRコードやURLを相手に送るだけで気軽にプレゼントする事ができます。
名刺サイズのカードタイプもあるのでイベントの景品等にも最適。
(予算500円~10万円)
出産祝い特集ページはこちら



SOW EXPERIENCE モノではなく体験を贈る

いろんなジャンルの体験をプレゼント
産後は外出が難しいので体験ギフトは微妙かと思われがちですが、出産祝い用のカタログギフトもしっかり用意されています。
(ベビーエクササイズ、写真スタジオで記念撮影、ベビーサイン教室、産後骨盤ケアなど)
(出産祝い用カタログ:5,500円/10,500円)




タオル類

とにかく無難。
赤ちゃんがいるとたくさん必要になるので、貰って困る事はありません。
ただし、少し味気なく感じてしまうかもしれません。

赤ちゃんの肌に直接触れる物は、綿100%が良いです。
(オーガニックだとさらに良いです。)

手触りが気持ち良いタオルはちょっと贅沢な気分になれます。
デザインにこだわる人もいるので個性的なキャラクター物やカラフルな物は避けましょう。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

ケーキのように飾り付けされた「タオルケーキ」はとても可愛い。




ベビーバスローブ

一人で子供をお風呂に入れるのはとても大変なので、サッと羽織れるバスローブは助かります。

毎日、長い期間使うものです。
ボタンで固定できる物は、はだけないので子供が大きくなっても使えます。



オーガニックコットン専門店

名入れ出産祝いならオーガニックコットンの【オーガニカリー】

どれもオーガニック製品なので安心
出産祝いにぴったりのバスローブをはじめ、おくるみ、スリーパー、ベビー服などが購入できます。
名入れサービス有り。
出産祝い特集ページはこちら




子供服はよく着替えるので何着あっても困りません。
ブランドの服は普段自分であまり買わないので、プレゼントされるととても嬉しいです。

ただし、多少親の好みがあるので個性的すぎる服は避けましょう。

私は着ぐるみのベビー服が大好きだったのでよく娘に着せていましたが、好みが分かれるので避けた方が無難かもしれません。



ベビー服を購入

オーガニックの出産祝い【Haruulala】

カラフルでおしゃれなベビー服
オプションでメッセージカード、名入れが可能。
ベビー服と同じ柄のギフトボックスで包装してくれるので、とてもおしゃれな雰囲気が出せます。
出産祝い特集ページはこちら



おもちゃ

おもちゃはいくつあっても嬉しいです。
ただし赤ちゃんの好みが分かれます。
(好みではないおもちゃは見向きもしない。)

赤ちゃんは何でも口に入れるので安全な物を選びましょう。

我が子の場合、振るとシャカシャカ音が鳴るおもちゃは好きなんですが、喋って動くぬいぐるみは怖がって泣いてしまいました・・

絵本は、ボードブック版(固い厚紙でできた本)の方が長持ちします
我が子は隙あらば絵本をビリビリに破り、そして食べるので丈夫な物が良いです。





PR

人によってはあまり使わない物

よだれかけ(スタイ)

よだれをよく垂らす子とそうでない子がいます。
我が子はあまり必要なかったので、元々用意している分で十分でした



ベビーリュック

可愛いしプレゼントとして良いですが、1つあれば十分なので被ってしまうと微妙かもしれません・・
(ちなみに娘はリュックを背負うのが好きではない。)



ベビー用食器類

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/12/hukidasi_103.jpg
ママ

「柄やデザインが好みではない」
「サイズ、素材が使いにくい」
「そんなにたくさんいらない」
「家に元々ある食器で十分だった」

などの意見もあります。
産後はゆっくり家事をする時間がないので、食洗器対応の物が無難です。





PR

番外編

ママ用の出産祝い

紅茶やコーヒー
紅茶やコーヒーが好きな人なら、いつもよりちょっと贅沢な物を。
ノンカフェインが無難。
女性の毎日をサポートする新基準ハーブティー

バスローブ
子供とお風呂に入る時、特に冬場は湯冷めしないようにできるだけ早く子供の世話をする必要があるので、自分の事は後回しになってしまいがち。
そんな時にバスローブがあるととても助かります。

美容グッズ
産後は寝不足や疲れで肌や髪がボロボロになりがち。
だた、これも相手の好みや肌に合うかどうかがあるので、ある程度の下調べは必要かもしれません。

スイーツや美味しいもの
ただし、母乳のために食事制限(糖質が高いスイーツやフルーツ、脂っこいものなど)をしている人がいるので事前に確認しましょう。
出産祝いに贈りたいスイーツならアニバーサリー

要確認のもの
  • 調理器具
    持ってる物と被ると困ります
  • マザーバッグ
    機能性重視なので自分好みの物を選びたい
    (母乳かミルクで荷物の内容がかなり変わる)
  • 入浴剤
    ゆっくりお風呂に入る時間はあまりありませんでした・・




個性的なプレゼント

こういうのを笑ってくれる人なら有りかも・・?





PR

事前に確認をした方がいい物

大きい物・1つあれば十分な物

場所をとる物(大きなオモチャや家具家電など)は置き場所がなくて困る場合があります。
また、ベビーベッドやベビーカーなど1つあれば十分な物はすでに用意している場合が多いので必ず事前に確認しましょう。



食べ物や肌に塗るもの

生後間もない子供はとてもデリケートです。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/05/hukidasi_104.jpg
ママ

手作りだけを食べさせたい

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/05/hukidasi_105.jpg
ママ

決まったメーカーだけ使ってる

など、こだわりがある人もいるので要注意です。



オムツのメーカーは適当に選ばない

赤ちゃんによって、合わないメーカーもあります。
(肌荒れや漏れやすさなど)
また子供の成長は早くすぐにサイズが変わるので、大量に贈るのはNG

布おむつを使う人もいるので確認をしましょう。

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

産まれてすぐだといろんなメーカーを試している段階かもしれないので、お気に入りが決まっていない人には下記商品のような詰め合わせを贈ってみても良いかもしれません。



哺乳瓶や粉ミルク

完全母乳育児の場合、基本的に哺乳瓶や粉ミルクは使いません。
ミルク育児の人に粉ミルクを贈る場合は、メーカーを確認しましょう。

メーカーによって味や成分が違います。
(赤ちゃんの口に合わないと飲まない場合がある)



名入れをする場合

「知らない人に名前を知られたくない」
「おさがりに使いたい」
という理由で名入れを嫌がる人もいます。

名入れする場合は、名前に間違いが無いようにしっかりと確認してからにしましょう。
特にローマ字の場合はスペルミスに注意。



その他注意が必要な物

  • 抱っこひも
    1つあれば十分ですし、いろんなデザインや性能があるので好みが分かれる。
  • アルバム
    今はデジタルアルバムなどがあり、写真を現像しない人もいます。





衣類をプレゼントする場合

サイズはメーカーや赤ちゃんの体格によって多少差があります

服について

サイズ

80サイズ(1歳~)が良いです。

50~70サイズの服(出産してすぐの新生児サイズ)は事前にたくさん用意している場合が多いです。

また80サイズの場合、ロンパースなどボタンが多い服は避けた方が良いです。
(この頃の子供は動き回るので着せるのが大変。)

デザイン

普段ママが着ている服の雰囲気に合わせると外しにくい。

キャラクターものは好みが分かれるのでやめた方が無難です。
兄弟を予定している人なら、男女兼用のデザインにしても良いですね。
なお、子供服はすぐに汚れるので白いものはオススメしません・・

季節

80サイズの服を贈る場合、その子が生まれた季節の服を選びましょう。
(夏生まれの場合は夏服)

春・秋服を贈る場合は、「服+カーディガン」など羽織る物もセットすると温度調整がしやすくて喜ばれます。



靴について

13サイズ~(1歳半~2歳)が良いです。

1歳くらいまでは歩くことができず、靴はほとんど履かない・汚れないのであまり必要ありません。



帽子やミトンなどの小物

子供によっては、帽子を被るのを嫌がってすぐに脱いてしまう子がいます。(我が子がそれです・・)





まとめ

https://pokoko.net/wp-content/uploads/2019/04/hukidasi_001-1.gif

相手の好みがわからない場合は「デザインや性能がそれほど重要ではなく、何個あっても困らない物」で無難に攻めましょう。
(商品券、カタログギフト、タオル類、おもちゃなど)

好みがある程度わかるなら、それに合った物を選ぶと喜ばれます。

何が欲しいか聞ける相手なら絶対に聞いた方が良いと思います。
その場合、何個か候補をあげて選んでもらう形にすれば相手も答えやすくなると思います。